11日、中国のポータルサイト・百度の掲示板に「世界で最も親日な国は?」と題したスレッドが立てられ、多くのユーザーが回答のコメントを寄せた。写真は中国のコスプレイヤー。

写真拡大

2014年3月11日、中国最大のポータルサイト・百度の掲示板に「世界で最も親日な国は?」と題したスレッドが立てられた。そこに寄せられた多くの中国人ユーザーからの回答コメントのなかから、印象的なものをいくつか紹介する。

【その他の写真】

「台湾だろ。やはり」
「台湾は国じゃないよ」
「じゃあ中華民国で」

「日中国交正常化のころは、中国と日本、仲良かったよね」
「あの頃は日本がたくさんお金をくれた」
「円借款だから利息もある。ただでくれていたわけではない」
「無償援助がほとんどで、あとは利息があっても低かったり、インフラ整備だったり。すべてに利息があったとしても、貧しかった当時の中国にはとても助かったこと。第一、あれだけの大金をふつう貧乏人に貸すかい?」

「やっぱり中国だよ。日本に中国人がたくさん住んでるのがその証拠。日本語を学ぶ外国人のなかで中国人が一番多いし。日本製品だって好きだからね」
「日本語学習者は比率で言ったら韓国の方が多いんじゃないの?」
「私は親日派。でも父親は愛国主義者。それでしょっちゅうケンカになる」
「中国でしょ。アニメファン多いし」
「でもそれが日本好きとは限らない」

「インドネシアだよ。彼らの独立を手伝ったのが日本だもん」
「ブラジルでしょ。日系移民多いし」
「メキシコが一番親日だって前にテレビで見た」
「ドイツとイタリアも日本が好きだよ」
「ロシアも日本のアニメファンがめちゃくちゃ多い」
(翻訳・編集/本郷)