『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第30回

2010年春、ディープブリランテは生まれ故郷のパカパカファームを離れて、同馬を購入した大牧場ノーザンファームへと移った。生活環境が変わっても、順調に成長していったディープブリランテ。翌2011年10月1日、ついにデビュー戦を迎えた。パカパカファームの人々はそのとき、どんな思いでレースを見つめていたのだろうか――。

 日本の競走馬は、2歳の春過ぎ(JRAの場合はおよそ6月頭)からレース出走が可能となる。そのため仔馬たちは、1歳の後半頃から、競走馬になるための準備を徐々に進めていく。主に、人が安全に騎乗できるように馬を慣れさせていく「馴致(じゅんち)」、トレーニングを積んで馬自身の基礎体力をつける「育成」などが行なわれる。

 パカパカファームから巣立ったディープブリランテも、1歳になって新天地ノーザンファームの施設で馴致・育成を翌年まで行なった。この段階になると、生産者であるパカパカファームがディープブリランテと直接かかわる機会はない。デビューを見守る立場となる。

 とはいえ、手を離れたあとも生産馬の様子は気になるもの。パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏も、ノーザンファームの育成施設『ノーザンファームしがらき』(滋賀県甲賀市)を訪れたとき、ちょうどそこでトレーニングを積んでいたディープブリランテの様子を、現場スタッフから事細かく聞いたという。

「あれはディープブリランテが2歳のとき、デビューまであと少しの段階だったと思います。別の用事でノーザンファームしがらきに行ったのですが、ディープブリランテの成長が気になって、スタッフの方々に同馬の現状について、しつこく聞いてしまいました。すると、調教のビデオやこれまでのタイムデータなどを細かく見せてくれたんですよ。それで、問題なく育っているな、という印象を強く持ちました」

 牧場を移ってからすでに1年。順調にデビューへと近づくディープブリランテを見て、スウィーニィ氏は安堵したという。「スタッフの人がもっと(ディープブリランテのことを)絶賛してくれたら、さらにうれしかったのですが、それでも順調そうで何よりでした」と笑みを浮かべる。

 そして、ノーザンファームでの育成を終えたディープブリランテは、いよいよ栗東トレーニングセンター(主に関西所属馬が調教などを行なってレースに備える施設)へと入厩した。同馬を管理したのは、2年前のセレクトセールで当歳(0歳)のディープブリランテを絶賛した矢作芳人調教師。セレクトセールのときから、矢作師は同馬を「手掛けたい」とノーザンファームに懇願していたという。そうした縁もあって、ディープブリランテはこの厩舎に入ることになった。

 デビューに向けて調整が進む中、パカパカファームのフォーリングマネージャー(生産担当)である伊藤貴弘氏も、ディープブリランテのことをしきりに気にかけていた。

「矢作調教師がブログをやっていたので、そこにディープブリランテの話題が出ていないか、毎日のようにチェックしていました。その際、矢作先生がブログ内で(ディープブリランテへの)期待を語っているのを見る度に、うれしくなりましたね。その頃はもう、ディープブリランテの"大ファン"という感じでした」

 スウィーニィ氏がパカパカファームを開場した際、そのスタッフとして仲間入りした伊藤氏。牧場の歴史をすべて知る彼が、ここまで惚れこんだ馬は他にいなかったという。以来、ディープブリランテについて、伊藤氏は逐一チェックし続けた。

 はたして、ノーザンファームと矢作調教師の元で調整を重ねた2歳のディープブリランテは、いよいよデビューの日を迎えることとなった。パカパカファームから羽ばたいて、約1年半後のことだ。舞台は、2011年10月1日の阪神競馬場。第5レースの2歳新馬戦(芝1800m)だった。

 ディープブリランテは、断然の1番人気に支持された。単勝オッズは、1.2倍。矢作調教師の高い評価や、調教での動きの良さが、同馬への期待を確固たるものにしたのだった。

 良馬場の中、12頭立てのレースは幕を開けた。ディープブリランテはやや出遅れ気味のスタートだったが、すぐに挽回すると、道中はスムーズに追走。3コーナーから徐々にポジションを上げていき、最終コーナーでは大外から先頭に並びかけていった。

 このとき、パカパカファームのスタッフは、牧場のテレビの前に集まり、固唾(かたず)を飲んで成り行きを見守っていたという。競走馬は、たとえデビュー前から素質の高さを見せていても、それをレースで発揮できないことが少なくない。「ある程度は走ってくれるはず」と信じていた伊藤氏も、ゴールするまでは安心できなかった。が、最後の直線を迎えたディープブリランテは、そんな不安を一掃する素晴らしい走りを見せた。

 直線入り口で早くも先頭に立つと、あとは一方的なレース。コンビの岩田康誠騎手が軽く仕掛けただけで、瞬(またた)く間に後続を突き放していった。終わってみれば、2着に5馬身差をつけての圧勝だった。

「ヨシッ!」と伊藤氏は心の中で絶叫したという。

「デビュー戦を勝ったときは、とにかくうれしかったです。期待はしていましたが、それを上回る走りに驚きました。レース後は、パソコンでディープブリランテに関するファンの反応を検索しましたね。その走りを称えてくれたり、強さに驚いたりしている人のコメントを見ると、つい顔がにやけてしまいました(笑)」

 スウィーニィ氏も、新馬戦はテレビで見ていたという。翌日の新聞で「ダービー候補」と言われるほどのレースぶりに「もちろんうれしかった」と語った。ただ一方で、まだ冷静に捉えている部分もあったようだ。

「あくまで新馬戦は新馬戦。他の馬の強さがわからない中での戦いなので、あの勝利でダービーを意識するということは正直ありませんでした。強いことは確かです。でもダービーのことを考えると、まだ半信半疑。そういった意味で、次のレースが大事だと思いました」

 真価がわかるのは、2戦目。スウィーニィ氏はあくまでそう考えていたのだった。

 その2戦目は、新馬戦から1カ月半後のレースに決まった。11月19日に行なわれる、GIIIの東京スポーツ杯2歳ステークス(東京・芝1800m)だった。

 2戦目で早くも重賞レースに挑戦。しかも、毎年のようにクラシックの有力候補が集う注目の一戦。その過酷な舞台に、ディープブリランテは挑むこととなった。

 次回は、そこで素晴らしいパフォーマンスを見せる、ディープブリランテの2戦目に迫っていく。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara