ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年最初のGIが早くも行なわれます。2月23日に開催されるフェブラリーS(東京・ダート1600m)です。

 東京のマイル(1600m)戦は、芝もダートも、スタートしてから3コーナーまでが長い直線。とにかく乗りやすいコースです。騎手としては、望みどおりのポジションが取りやすく、比較的楽な気持ちでレースに臨めますね。例えば、トリッキーな中山の芝マイル戦と比べたら、スタート時のプレッシャーはかなり軽減されます。

 さて、今年のフェブラリーSは、ハイレベルなメンバーが顔をそろえて、とても楽しみなレースになりましたね。昨年は、前の年のジャパンカップダート(阪神・ダート1800m)を制したニホンピロアワーズや、東京大賞典(大井・ダート2000m)を勝ったローマンレジェンド、さらに直前の川崎記念(川崎・ダート2100m)を快勝したハタノヴァンクールなど、地方交流GIを含めたダート主要レースの勝ち馬がことごとく不出走。「ダートのナンバー1決定戦」と呼ぶには寂しいメンバー構成でした。

 それが今年は、昨秋のジャパンカップダート(12月1日)を優勝したベルシャザール(牡6歳)に、東京大賞典(12月29日)と川崎記念(1月29日)を連勝したホッコータルマエ(牡5歳)が参戦。そして、常にGIで好走しているワンダーアキュート(牡8)など、他にも骨のある面々が顔をそろえました。フェブラリーSでこれだけのメンバーがそろうのは久しぶり。非常に見応えのある、面白いレースが堪能できそうです。

 そんな注目の一戦で、最も気になる存在は、ホッコータルマエです。中央でのGI勝利はありませんが、地方交流GI5勝と実績は断然です。

 昨秋のジャパンカップダートでは、ゴール直前で差されて3着。「やはり中央では......」と思われた方が多いかもしれませんが、同レースでは、鞍上の幸英明騎手が相当なプレッシャーを感じているようでした。

 確かに、GIで圧倒的な1番人気の馬に跨(またが)ったときの重圧は相当なものです。しかし、幸騎手にとっては、スティルインラブに騎乗して牝馬三冠のかかった秋華賞(2003年)に臨んだときに比べれば、それほどの重荷ではなかったと思います。にもかかわらず、絶対に勝たなければいけないという"宿命"を背負っているかのような騎乗ぶりでした。

 その結果、3着。内容としては勝ちに等しかったと思いますが、幸騎手がプレッシャーに押し潰されたイメージでしたね。

 その後、東京大賞典、川崎記念はともに快勝。2着馬との着差はわずかでしたが、余裕のある勝利でした。改めて中央のGIに挑戦する今回、またプレッシャーはあると思いますが、ジャパンカップダートでの敗戦が糧となっているはずです。今度はいい結果を出してくれるのではないでしょうか。

 強敵は、やはりベルシャザールでしょう。ジャパンカップダートの前には、今回と同じ舞台で行なわれた武蔵野S(2013年11月10日/東京・ダート1600m)を勝利。その内容も圧巻でした。直線、内めで前の馬群が壁になって「ダメかな?」と思ったのですが、前が開いた瞬間、ジョッキーが仕掛けると、一瞬にして抜け出していきました。あの決め手は驚異的です。

 また、競馬っぷりを見ていると、右回りよりも、左回りのほうが良さそうです。まったく底を見せていませんし、ホッコータルマエを破るとしたら、やはりこの馬でしょうね。

 ところで、このレースの「ヒモ穴馬」には、ブライトライン(牡5歳)を取り上げたいと思います。

 前哨戦の根岸S(2月2日/東京・ダート1400m)では、1番人気に推されながら4着でした。スタートでやや出負けしてしまい、好位をとるのに少し脚を使ってしまいましたね。それに、これまでのレースで強かったパターンを見ると、決め手勝負ではなく、早めに抜け出して押し切る競馬でした。しかし、有力馬の一頭、ドリームバレンチノ(牡7歳)の仕掛けに合わせて追い出していまい、やや仕掛けが遅くなって苦手な決め手勝負になってしまいました。

 その要因は、主戦の福永祐一騎手が騎乗停止で乗れなかった影響が少なからずあったと思います。代打騎乗者は戸崎圭太騎手で、その手腕に不足はないものの、馬の特性が独特の場合、初騎乗ではいいところを出し切れないことが多々あります。根岸Sは、まさにその象徴的なレースでした。

 根岸Sで敗れたことで、ブライトラインは人気を落としそうです。しかし内容を考えれば、着順(4着)は気にしなくていいでしょう。もしも勝っていれば、もっと人気になっていたと思いますから、今回こそ狙いどころではないでしょうか。一発を期待したいですね。