トークショーに登場した篠田麻里子

写真拡大

朝日新聞社と人気女性ファッション誌「JJ」がコラボレーションしたイベント「女子力UP!女の子のための・冬の学園祭」が、2月21日に都内で開催された。

【写真】ショートカットにしたきっかけを明かす篠田

同イベントは、ファッション、美容、就活、学びなどのテーマで“もっとかわいくなりたい!もっと素敵な大人になりたい!”という女子大学生たち応援するイベント。第3回目となる今回は、YOUや篠田麻里子、ピース・綾部祐二によるスペシャルトークショーや、シークレットゲストとして中村蒼が登場したほか、E-girlsがライブを披露するなど盛りだくさんの内容で行われた。

「オトナ力をアゲる!」をテーマにしたトークステージに登場したYOUは、「若い頃は、『大人になったら何を着ようか』と思っていたけど、気がついたらあんまり変わんなかった」と、大人になっても内面に大きな変化はないことを告白。さらに、「いくら雑誌や他の人の格好を見ても、自分に合った物を着ないと似合わない。自分の形、大きさ、バランスを把握して、自分に似合う物を見つけてください。そのために、雑誌やいろんな情報を得て、自分で試してから取捨選択してきれいになっていってください。そうして勝手に輝けば、自然とモテるから!」と“オトナ力”の真髄を説いて、来場者たちにエールを贈った。

一方、「魅セ力をアゲる!」をテーマにしたトークステージに登場した篠田は、「いつも洋服を選ぶ時は、着たいアイテムを中心にコーディネートしたり、その日の気分で選んだりしますね」とファッションのこだわりを明かし、「みんなが買わないような色や柄が好き! AKB時代でも、あえて違う物を身に付けることで周りとの差別化を図りたかった」とにっこり。

そんな中、トレードマークのショートカットにしたきっかけについて「実はAKB時代に、スタッフさんから『あしたからショートにしろ』って言われて、すごく嫌だったので泣きながら切ったんです」と話し、「でも、意外とファンの皆さんからの評判がよくて(笑)。その頃は、自分がやりたいことや自分に似合う、似合わないということを自分で決めつけていたんですが、そのことをきっかけに他の人の意見も聞こうという意識になりました」と明かし、来場者たちを驚かせた。