『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第29回

わずか生後2カ月で日本最大のセリ市「セレクトセール」に上場されたディープブリランテ。同馬は、日本有数の大牧場ノーザンファームに落札され、生まれ故郷のパカパカファームから巣立つこととなった。およそ2年後のデビューを迎えるまで、同馬はどんなふうに過ごしていたのだろうか――。

 2009年、競走馬のセリ市「セレクトセール」は7月13日〜15日に開催された。国内でもズバ抜けた規模を誇るこのセールでは、3日間で延べ476頭が上場され、うち329頭が落札された。パカパカファームで生まれたディープブリランテも、その一頭だ。

 セール2カ月前の5月8日に生まれたディープブリランテは、セレクトセールの当歳馬(0歳)セッションに登場。ノーザンファームが3100万円で落札した。ノーザンファームとは、ディープインパクト(2005年のクラシック三冠をはじめ、GI通算7勝)や、ブエナビスタ(2011年ジャパンカップを含め、GI通算6勝)など、多数の名馬を輩出している日本トップクラスの生産拠点。ディープブリランテは、そんな大牧場の所有馬となった。

 ただし、ディープブリランテはセールのあとも、パカパカファームで幼少期を過ごした。というのも、セレクトセールで落札された当歳馬は、翌年の3月31日まで上場した側(生産した牧場など)が無償で管理するというルールがあるからだ(※落札者が期限より前に引き取ることも可能)。

 ノーザンファームへと移るまでのディープブリランテについて、パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏はこう語る。

「この時期のディープブリランテについてはよく覚えています。大きなアクシデントはなく、その後の生育も非常に順調でした。その成長過程は私の期待以上でしたね」

 パカパカファームでは月に一度、仔馬たちの体重や骨格などを調べ、成長のデータを取っているが、その成長曲線が「ディープブリランテは素晴らしかった」と、スウィーニィ氏は当時を振り返って目を細めた。

 パカパカファームのフォーリングマネージャー(生産担当)である伊藤貴弘氏も、ディープブリランテの成長には目を見張るものがあったという。

「セリが終わってから翌年の4月までは、とにかく成長が早かったことを覚えています。普通、5月生まれの馬は、1年経ってもまだ、同世代の早生まれの馬に比べて馬体で見劣るものです。ところが、ディープブリランテは翌春を迎える段階で、早生まれの馬と変わらないほど、立派な馬体になっていました」

 一方で、ディープブリランテの性格について、伊藤氏はこんな見方をしていた。

「競走馬としては『ちょっとおとなしいかもしれないな』と思っていました。なにしろ、一歳上の姉ハブルバブル(父ディープインパクト)は非常に気が強くて、僕も一度蹴られたことがあったんです。でも、ディープブリランテは姉とはまったく逆で、一切手がかからなかったんですね。競走馬というのは、ある程度気が強くないと厳しいレースを戦っていけないと思うんです。そういう意味でも、(ディープブリランテの)性格的なおとなしさは、少しだけに気になっていました」

 そのため、伊藤氏はディープブリランテの管理において、「飼い葉(馬の飼料)をきちんと食べているか、そこには注意していた」という。

「飼い葉の入った桶は頭数分きちんと用意するのですが、いざ飼い葉を食べるときは、ひとつの桶に複数の馬が群がることがあります。そんなとき、ディープブリランテは飼い葉を食べるのが他の馬より少し遅かったんですね。他の馬に、前に入られてしまうというか。おとなしい性格が、そういうところにも出ていたのかもしれません。それで、ディープブリランテがきちんと飼い葉を食べているか、用心深くチェックしていた覚えがあります」

 余談ではあるが、そうした印象があるからこそ、パカパカファームのスタッフたちは、ディープブリランテがレースで走る姿を見たとき、驚きを隠せなかったという。騎手が押さえきれないほど、引っかかることが多かったからだ。スウィーニィ氏は「あれは気性が悪いのではなく、ディープブリランテの性格が前向きで、真面目過ぎたからだと思います」と解釈していたが、クラシック戦線に向かうにあたって、それはひとつの課題に挙げられていた――その辺の詳しい話は、今後お伝えしていきたい。

 何はともあれ、幼少時のディープブリランテは順調に成長を重ねた。そして2010年春、パカパカファームからノーザンファームへと引き渡されることになった。ディープブリランテを運ぶ馬運車は、スウィーニィ氏が運転したという。

「運転している最中、寂しさも感じましたが、それ以上にうれしさがありました。第一にアクシデントなく、ここまで順調に育てられたからです。そして、素晴らしい牧場に預けられるということが大きかったですね。スタッフの技術が高いのは言うまでもありませんから、『この先、チャンスがあるな』と思いました。だから、ディープブリランテを手放す寂しさより、うれしさのほうが勝っていました」

 ノーザンファームまでの道すがら、スウィーニィ氏はディープブリランテの明るい未来を思い描きながら、終始喜びを噛み締めていた。

 翻(ひるがえ)って、伊藤氏の心持ちはスウィーニィ氏とは正反対だった。ディープブリランテの引き渡しのときは、「寂しくて仕方なかった」という。

「自分が牧場で働き始めてから、そんなふうに思ったのは初めてでした。(その後、ディープブリランテを管理する)矢作芳人調教師が絶賛していたこともありますが、自分なりにこの馬の"すごさ"を感じていましたから。生産馬を見送るときは、いつもなら無事に送り出せたことでホッとするのですが、あのときばかりは、正直寂しさのほうが上回っていましたね」

 過去に何頭もの馬をパカパカファームから送り出している伊藤氏。にもかかわらず、ディープブリランテとの"別れ"だけは、容易に耐えられるものではなかったという。そんなエピソードからも、ディープブリランテが競走馬の頂点に立つだけの"器"だったことがうかがい知れる。

 さて、こうしてデビューへ向けてノーザンファームで育成されていくことになるディープブリランテ。次回からはいよいよ、デビュー戦を迎え、レースで躍動していくディープブリランテに迫っていく。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara