5分で完成。野菜不足を解消「みょうたま」レシピ
中華料理でおなじみの野菜「豆苗」。価格が安くて家計にやさしいこの野菜には、うれしい健康効果がありました。
豆苗とはエンドウの若い葉と茎を食用にしたもの。ほのかな豆の香りとシャキシャキした食感が特徴的で、中華料理ではおなじみです。
じつはこの豆苗は、カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルCや食物繊維などの栄養を豊富に含み美肌効果、アンチエイジング、冷えの解消、かぜ予防や排便を促す効果もあるとされ最近、注目されている野菜なんです。
豆苗の「豆」知識
そんな豆苗の人気に応えて、豆苗の由来や歴史、料理方法や保存方法、さらには再生栽培の方法などをまとめたサイト「豆苗研究会」がオープンしました! 豆苗についていろいろな情報を知ることができるんですが、その中でも特に役に立つのが豆苗を使ったレシピの紹介です。
5分で完成「みょうたま」レシピ

1:豆苗は根を落として洗う。2: フライパンにサラダ油を強火で熱し、卵を溶き入れ、手早くかき混ぜて半熟状にし、いったん取り出す。3: 2のフライパンに豆苗を入れて、強火で40~50秒炒め、しんなりしたら、あらかじめ合わせておいたしょうゆ、酒、オイスターソースや砂糖を入れて調味し、2の卵を戻し、炒め合わせる。
「みょうたまー豆苗のふわとろ卵炒めー」より引用

また、この季節にぴったりの鍋とも相性がいい豆苗。「豆苗の塩ちゃんこ鍋」では、あっさりした塩味が、豆苗の香りや甘みを引き立てます。
さらに、健康を気にする方に最適な「豆苗と塩昆布の変わり温やっこ」などササっとおつまみにも便利な豆苗。その他、豆苗のバターケーキなどのスイーツにもアレンジできます。
あらゆるお料理に使えて、家計にも身体にも優しい、パーフェクトな野菜、豆苗。これは冷蔵庫の常連に加えておきたいですね。
[豆苗研究会,みょうたまー豆苗のふわとろ卵炒めー,豆苗の塩ちゃんこ鍋,豆苗と塩昆布の変わり温やっこ]
(松崎桃子)