『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第28回

パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、日本最大の競走馬セリ市「セレクトセール」に、生後わずか2カ月のディープブリランテを上場した。競走馬としては"遅生まれ"の5月8日に誕生した同馬は、生まれた時期による成長のハンデを抱えていたが、スウィーニィ氏にはそのハンデを克服するためのアイデアがあった――。

 日本競馬の生産界を代表する社台グループが運営する、競走馬のセリ市「セレクトセール」。2009年は7月13日〜15日に開催された。2012年の日本ダービーを制したディープブリランテも、この舞台に立った1頭だった。

 5月8日という"遅生まれ"のディープブリランテ。生後わずか2カ月の馬が、それも日本中のトップレベルの馬たちが集うセレクトセールに出されることは、極めて異例だった。なぜなら、2、3月生まれの馬たちに比べ、馬体のサイズで大きく劣ってしまうからだ。ディープブリランテを生産したパカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏も、「上場」という決断は悩みに悩んだ末に下した。

 しかし、生まれてから日増しに成長するディープブリランテを見るうちに、その決断に「間違いはなかった」と、スウィーニィ氏は安堵したという。

「ディープブリランテは、生まれてから日ごとによくなりました。サラブレッドは、生まれたときの姿はもちろん、そこからの成長力も重要。生まれたときの馬体が素晴らしくても、成長力で劣ってしまう馬はいます。でも、ディープブリランテはどんどん成長していきました。これなら、たとえ"遅生まれ"でも、セレクトセールで評価してもらえると思いましたね」

 2、3月生まれの馬たちと比べればまだ見劣るが、それでもある程度まで成長すれば、この馬体が持つ素質を見抜いてくれる――それが、スウィーニィ氏の考えだった。

 とはいえ、ディープブリランテと同じ当歳(0歳)でセレクトセールに上場される馬は300頭を超える。現場で一頭一頭、すべてをくまなく見るバイヤーは少ない。となると当然、事前に配られるカタログの写真で目星をつけてから、バイヤーはセリ会場に訪れる。

 そこで重要になるのは、カタログに掲載される写真だ。だが、カタログ制作にも時間がかかる。上場馬の写真提出の締め切りは、5月12日だった。つまり、カタログに掲載されたディープブリランテは、生後4日時点の姿だったのだ。これでは、いくらセレクトセールまでに素晴らしい成長を見せても、バイヤーはカタログの写真を見た時点で敬遠してしまう可能性があった。

 その点は、スウィーニィ氏にとっても懸念材料だった。その不安を払拭する何かいい方法はないか、彼は日々考えをめぐらせていた。そして、あるアイデアを思いついた。非常に大胆な手法ではあったが、スウィーニィ氏は思い切って実践した。

「セレクトセールを2週間後に控えた6月の終わりに、ディープブリランテの最新の写真を載せたハガキを作りました。ディープブリランテ1頭の立ち姿を載せたハガキです。これを2000枚くらい印刷して、バイヤーの方々に郵便で送りました。カタログの写真ではイマイチの反応でも、この最新の姿を見れば、きっと考えが変わるはずだ、と」

 このようなハガキを作って送ることは、パカパカファームにとっても初めてのことだった。それほどディープブリランテへの期待は高く、自信があったと言える。実際にそのハガキを見てみると、カタログとは明らかに違うディープブリランテの凛々しい姿が映し出されていた。

 そして迎えた2009年のセレクトセール。当歳セッションに登場したディープブリランテは、3100万円の価格で無事に落札された。スウィーニィ氏は、この結果に胸をなで下ろしたという。

「パカパカファームは、セリ市でのリザーブ価格(※)が『高い』とよく言われます(笑)。これは、私たちが『それだけの馬』という思いを持っているから。ディープブリランテに関しても、3000万円以下だったら『売らない』と考えていました。それを上回る評価を得られたことは、とてもうれしかったですね」

※上場者が設定する最低落札価格。それより低い値しかつかなければ、上場者が『主取り』という形で引き取る。

 このセレクトセールが行なわれたのは、リーマンショックの翌年。さらに、ディープブリランテの母ラヴアンドバブルズの産駒はまだ勝利を挙げていなかった。そういった状況の中で、3100万円という評価を得られたことに、スウィーニィ氏は喜んだという。

 このセリ市において、ことさらディープブリランテに注目していたのが、のちに同馬を管理する矢作芳人調教師だった。同馬に惚れこんだ矢作師が、親しい馬主に落札してもらうよう懇願していたのは有名な話。しかし、実際にディープブリランテを落札したのは、その馬主ではなく、大牧場ノーザンファームだった。この落札にこそ、あのハガキが関わっていた。

「落札者のサインを見て、ノーザンファームだとわかりました。でも、(ノーザンファーム代表の)吉田勝己さんは、事前に牧場に馬を見に来ていません。セリ会場でもじっくりとは見ていないはずです。ただ、彼はあのハガキを見ていました。『素晴らしい写真だ』と言ってくれましたよ」

 セレクトセール2週間前に送った2000枚のハガキ。そのうちの1枚が、日本トップクラスの大牧場とディープブリランテを結びつけた。

 ディープブリランテの出産に立ち会ったパカパカファームのフォーリングマネジャー(生産担当)伊藤貴弘氏は、セレクトセールをこう振り返った。

「僕は自信満々の社長とは違って、セール当日まで『売れないかもしれない』と思っていました。ディープブリランテはいくら成長力が際立っていたとはいえ、あくまで5月生まれ。(早生まれの馬とは)馬体の大きさが全然違います。それでも"売れた"というのがすごいことですし、矢作調教師も絶賛しているところを見て『やっぱりこの馬は別格なのかな』と感じました」

 こうしてディープブリランテはオーナーが決まり、2年後のデビューを目指すこととなる。次回は、デビューに至るまでの日々を追っていく。

(つづく)

 ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara