「セリフが全然聞き取れない!」──。1月18日に放送されたドラマ『三億円事件』(テレビ朝日系)を観て、そう思った人は少なくないのでは。
 
 主演を務めたのは昨年2月以来、約1年ぶりのドラマ出演となった田村正和(70)だ。田村が演じたのは、時効が成立した3億円事件を調査する米国保険会社社員だった。しかし、その田村の演技には冒頭のような感想とともに、「どこか体調が悪いのではないか」と心配する声があがった。
 
「声が出ないことについて、いちばん気にしているのは本人です。撮影中も音声さんに『すまない』と謝っていました。田村さんは声のことを常に不安に思っていて、『今日は声が出るかな』と毎日考え、夢にも見るそうです。ただ、心配なのは声だけで、体調が悪いということはありません」(テレ朝関係者)
 
 しかし、昨年は“死亡説”まで流れるなど、健康状態を不安視する噂が後を絶たない。実は、撮影現場での彼の様子が、そうした噂を呼んでいるという。
 
「食事をとるところを他人に見せない人で、共演者と一緒にお弁当を食べることもほとんどない。それが“食欲不振”という話になった。また、田村さんは収録現場で“正和チェア”と呼ばれる大きなリクライニングチェアを愛用しているのですが、その椅子をスタッフがスタジオに運んでいるのを見た関係者が“田村さんが座ったまま運ばれている、立てないほど具合が悪い”と勘違いしたようなんです。本人はいたって元気で、今回の撮影でもロケの後に飲みに行ったりしていました」(前出・テレ朝関係者)
 
 近年は連続ドラマには出演せず、1年に1度のペースで特番の主役を飾っている。
 
「周囲には引退を勧める声もありますが、本人は『オファーがあれば出たい』と意欲満々です」(田村をよく知る人物)
 
 ドラマの制作会見では自身の声について、「2〜3年前から声変わりした」と話した田村。声変わりを生かした名演技で周囲の雑音をかき消してほしい。

※週刊ポスト2014年2月7日号