『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第27回

2012年の日本ダービーを制したディープブリランテは、生まれたときから「素晴らしい馬体」の持ち主だったという。そして、同馬を生産したパカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、生後まもなくして、同馬を2カ月後のセリ市に上場させることを決断した。5月生まれの仔馬を7月のセリに出すのは、異例だ。その判断の裏には、一体どんな理由があったのだろうか――。

 2009年5月8日の深夜2時半、パカパカファームの代表であるハリー・スウィーニィ氏と、フォーリングマネジャー(生産担当)の伊藤貴弘氏が見守る中で誕生したディープブリランテ。素晴らしい骨格を持ち、生後15分で立ち上がるほど豊富な体力を見せた同馬は、高い期待をスタッフに抱かせた。伊藤氏が当時を振り返る。

「ディープブリランテは、間違いなくセリ市で高い評価をされると思いました。たとえ『セレクトセール』に出しても、十分目立つほどのレベルだと。ただし、いくら素晴らしい馬体と言っても、あくまでディープブリランテは5月生まれ。サラブレッドでは"遅生まれ"の部類に入りますから、僕としては一年間ゆっくり育てて、翌年のセレクトセールに出すほうがいいと思っていました」

 セレクトセールとは、日本競馬の生産界を代表する社台グループ主催のセリ市。毎年7月上旬に開催されており、その規模や注目度、上場馬の落札価格は国内トップクラス。したがって、各牧場の期待の仔馬たちが集まってくる。

 この大規模なセリ市は、その年の春に生まれた当歳(0歳)馬のセッションと、1歳馬のセッションの2部構成で行なわれる。期待の繁殖牝馬ラヴアンドバブルズの子であり、素晴らしい馬体を持ったディープブリランテは、当然セレクトセールへの上場を検討された。

 しかし、ディープブリランテをその年のセレクトセール、つまり当歳馬のセッションに上場するには、生まれた日が遅すぎた。

 サラブレッドの出産は4月がピーク。しかし2〜3月に生まれる馬も多く、早く生まれた馬は当然、同世代の中でひと足先に成長する。生まれた時期による馬体の差は、年齢を重ねる中で徐々に解消されていくが、当歳の頃、それもまだ生後2〜3カ月となればその差は歴然だ。

 ディープブリランテは、確かに素晴らしい馬体の持ち主だった。それは疑いようのない事実だが、生まれたのは5月8日。1〜2カ月前に生まれた同世代の馬と比べれば、さすがに筋肉の付き方は劣ってしまう。いくら目の肥えたバイヤーが集まるセレクトセールでも、"遅生まれ"によるハンデは明白。だからこそ伊藤氏は、「成長を待って、翌年のセレクトセールに出すほうがいい」と考えたのだった。

 もちろん、スウィーニィ氏もその点は考慮していた。と同時にもうひとつ、その年のセレクトセールに出すには大きなハードルがあった。

「セレクトセールでは、上場馬すべての写真が載ったカタログが作られます。バイヤーは、そのカタログを見て良い馬を探すわけですから、載せる写真はとても重要。ただし、カタログを作るにも時間がかかりますから、写真の提出には"締め切り"が設けられています。2009年の場合は、確か5月12日が締め切り。ディープブリランテが生まれた4日後です。これは困りました」

 2009年のセレクトセールは、7月13日〜15日の開催。ディープブリランテにとって、生後2カ月の馬体で同世代の馬と比較されるのは、もちろん厳しい。だがそれ以上に、バイヤーが見るカタログの写真が、生まれたばかりの姿であることのほうがつらかった。高い評価を得るには、あまりに過酷な状況だったのだ。

 それでもスウィーニィ氏は、ディープブリランテをその年のセレクトセールに上場した。なぜ彼は、当歳でセリ市の舞台に上げることを選んだのだろうか。

「まず、何より素晴らしい馬だということ。だからこそ、より早くセールで見せるべきなのではないかと思いました。普通なら5月生まれの馬は出しません。4月生まれでも上場しないことがあります。ただ、ディープブリランテはあまりに馬体が良かった。これなら"遅生まれ"でも評価されるかもしれない。そう考えるうちに、上場に気持ちが傾いていきました」

 スウィーニィ氏がそこまで考えるほど、ディープブリランテの出来が良かったということだろう。またそれ以外にも、当歳で上場する理由はあった。伊藤氏が付け加える。

「その後の馬の成長を考えると、早めにセリに出したほうがいいケースがあります。例えば、当歳のセリ市で落札された馬は、それ以降、さらに放牧時間を長くするなど、『強くするための馬づくり』に時間が割けます。反対に、1歳で上場する馬は、どうしてもセリ市に向けた準備に時間を費やさなければなりません。その辺りも考えたのだと思います」

 こうしてディープブリランテは、生まれてから約2カ月後に、国内最大級のセリ市「セレクトセール」に登場することとなる。カタログに掲載されたディープブリランテの写真は、撮影日付が5月12日。締め切り間際に撮った写真だった。

 ただしスウィーニィ氏は、ディープブリランテの「遅生まれのハンデ」をカバーするためのアイデアも練っていた。そして、それが見事な成果をもたらすことになる。次回は、そのエピソードを紹介する。

(つづく)

河合力●文 text by Kawai Chikara