9日、香港・中評社によると、日本の高官と交流のある米大学研究センター副主任は、日本は韓国とよりも中国との関係改善を望んでいるとしている。写真は竹島。

写真拡大

2014年1月9日、香港・中評社によると、日本の高官と交流のある米大学研究センター副主任は、日本は韓国とよりも中国との関係改善を望んでいるとしている。

【その他の写真】

米スタンフォード大学アジア太平洋研究センターのダニエル・スナイダー副主任は、「日本高官との交流の中から見るに、日本には“韓国疲労症”が生まれている。日本はすでに謝罪は足りたと考えており、これ以上、韓国に譲歩する気はない。むしろ中国との関係改善に力を注ぐべきだと考えている」と指摘している。(翻訳・編集/北田)