ももいろクローバーZ 礼儀正しさで知られる「武道の先生に師事していたのかと思うほど」

写真拡大

ももいろクローバーZといえば、今や現在の日本のアイドルシーンでトップクラスに君臨する存在であるが、彼女たちがそれほど大ブレイクしていない頃に一緒に仕事をした記者が、当時を語る。

"俺はこれまでに何組ものアイドルグループの取材をしてきたけど、ももクロほど現場に気を遣うグループはいなかったね。佐々木彩夏なんて当時16歳だったけど、俺は『このコは武道の先生に師事していたのか!』と思うほど、礼儀正しかった。他のメンバーも俺みたいなしがないスタッフや取材陣に頭を下げ、感謝してくれた"

ももクロのメンバーはスポンサーも含め、その場にいるスタッフ全員に対し、とにかく笑顔と感謝の言葉を出し続けるのだという。前出の記者は別の取材の時のエピソードをこう語る。

"暑い時の外取材だったのですが、その場にいたスタッフや観客よりも彼女たちの方が間違いなく疲れていました。それなのに、こちらの要求にすべて答えてくれた。俺らは裏でスポーツドリンクとか飲んでいたのに......。なんだか申し訳ありません"

ももクロと一緒に仕事をすると、いくら売れようが配慮をしてくれるその姿にオッサン達がメロメロになり、なんとしても彼女達をサポートしようと頑張る雰囲気がその場に生まれるのだという。芸能界は細かい配慮も厳しい世界。ただそれは、先輩や後輩といった関係性だけでなく、ファンや「現場のスタッフ」にどれだけ、伝えられるかどうか―ということが大切なのは、いうまでもない。

【参照リンク】
・ももいろクローバーZ 公式サイト