i☆Ris×A応P 2マンライブ@ウタ娘より

写真拡大

12月15日、「i☆Ris×A応P 2マンライブ@ウタ娘」が秋葉原・AKIBAカルチャーズ劇場にて行われた。

i☆Ris(アイリス)は、エイベックス・グループと大手声優プロダクションである81プロデュースがタッグを組んで開催した「アニソン・ヴォーカルオーディション」より、声優アーティストを目指す6人の合格者で結成。メンバーは、リーダーの山北早紀(やまきたさき)、芹澤優(せりざわ ゆう)、茜屋日海夏(あかねや ひみか)、若井友希(わかい ゆうき)、久保田未夢(くぼた みゆ)、澁谷梓希(しぶや あずき)。

A応P(エーオーピー)は、アニメを“勝手に”応援したい!ということで始まったアニメ応援プロジェクトの中から、「アニメを愛する女の子たちを集めたら何かできるかも?」と結成されたアニメ大好き女子の6人組ユニット。メンバーは、清水川沙季(しみずかわ さき)、桜奈里彩(さくらな りさ)、小森未彩(こもり みさえ)、広瀬ゆうき(ひろせ ゆうき)、巴奎依(ともえ けい)、荻野沙織(おぎの さおり)。

自己紹介の後、全員揃って「A応Pとi☆Ris合わせてA応Ris(エオリス)です!」と挨拶すると、ライブがスタート。A応Pとi☆Risの合同ユニットによる[最強パレパレード」では、A応Pとi☆Risが交互に並ぶフォーメーションから見事に踊りきり、初の2マンライブにも関わらず息がピッタリ。ファンもカラフルなサイリウムを振りかざし大盛り上がり。

2曲目からはA応Pが単独でライブ。テレビアニメ「絶対可憐チルドレン」のオープニングテーマ「Over the Future」では会場中が頭上に両手を掲げて手拍子するなど応援側の息もピッタリ! 続く「太陽曰く燃えよカオス」ではメンバーが「さあ一緒に!」「うー!にゃー!」と煽ると、観客側も「うー!にゃー!」と大コール!

A応Pの自己紹介では、それぞれが好きなアニメを披露。

小森未彩さんは「好きなアニメはハートフルなアニメで、今期だとSuper Seisyun Brothers -超青春姉弟s-です。」

清水川沙季さんは「好きなアニメはSF・哲学アニメで、今期だと蒼き鋼のアルペジオが大好きです。」

巴奎依さんは「好きなアニメは、少女系萌えアニメで、ラブライブ!の再放送です。」

桜奈里彩さんは「好きなアニメは、乙女系のアニメで、今期だとDIABOLIK LOVERS(ディアボリックラヴァーズ)が大好きです。」

荻野沙織さんは「好きなアニメは可愛い女の子が戦ってるアニメで、今期だとWHITE ALBUM(ホワイトアルバム)です。」

広瀬ゆうきさんは「ふしぎな世界観のアニメが大好きです。今期は夜桜四重奏 (ヨザクラカルテット)とアウトブレイク・カンパニーが好きです。」

と自己紹介をしたが、当然ながら再放送を今期のアニメとして挙げた巴奎依さんにはファンからの総ツッコミが入った。

続いてA応Pのオリジナル曲「Never Say Never」、テレビアニメ「みつどもえ」のオープニングテーマ曲「みっつ数えて大集合!」を披露。特に「みっつ数えて大集合!」では全員がタオルを振り回し、乾燥した冬の季節にも関わらず会場は汗と熱気に包まれた。

A応Pの後は、イラストコーナー。メンバーがそれぞれ自作のイラストを披露するのだが、小森未彩さんの描いた棒人間を始めとして突っ込みどころのあるイラストが多数。そんな中で、巴奎依さんは「私すごく頑張って描いたんだよ!」と言う通り、みゆたん(久保田未夢さん)との秋葉原デートを描いた可愛らしいイラストを披露。秋葉原なのになぜか花が沢山咲いているところにはまたも会場からツッコミが入ったが、素晴らしい出来栄えだった。

ライブを再開すると今度はi☆Risの出番。テレビアニメ「ONE PIECE」のオープニングテーマ「ウィーアー!」が始まると多数のサイリウムが点灯!会場は一気に盛り上がった。