提供:週刊実話

写真拡大

 女優・上戸彩(28)がいよいよ司会を務める30日のTBS『第55回輝く!日本レコード大賞』で夫の『EXILE』リーダー・HIRO(44)と“夫婦初共演”を果たした後、新春初出しセックスに踏み切るとの見方が強まっている。

 上戸は第50回以来2回目の司会をこなす。
 「実は、今回のレコード大賞は『AKB48』と並んで『EXILE』が最有力候補。司会の妻・上戸と受賞者の夫・HIROが同じステージで歓喜するという前代未聞のシーンが実現する可能性が大。『EXILE』の大賞受賞が内定しているため、上戸が司会に選ばれたとの見方が強い。上戸は司会者としては異例の、感激の涙を流すとみられ、視聴率も急上昇するでしょう」(芸能ライター)

 昨年9月に結婚した2人だが、これまで共演したことがなければ、2人で公の場に出たこともない。同じステージに立つだけでも大ニュース。2人で喜びを分かち合った後は、禁欲生活を続けた新婚夫婦がいよいよ“子作り”に突入することは火を見るより明らか。
 「結婚後、上戸は映画『おしん』『武士の献立』『テルマエ・ロマエII』のほかTBSドラマ『半沢直樹』など立て続けに映画、ドラマの仕事を事務所から入れられ、事実上“妊娠不可能”な状態に追い込まれました。一方、HIROもおいそれと子作りする暇すらなかった。しかし、HIROは大晦日の紅白歌合戦を最後にパフォーマーを引退することが決まっています。結婚から1年数カ月、年明け早々、中出しセックスを敢行することは間違いないでしょう」(芸能プロ幹部)

 推察されるスケジュールはこうだ。12月30日にレコ大で歓喜の共演。同31日にHIROが紅白出演をこなし、パフォーマー引退。その勢いで年明けを迎え、新春子作りセックスに励む…というものだ。
 「『テルマエ・ロマエII』は4月公開ですから、仮に“元日妊娠”しても上戸のプロモーション活動に大きな支障はない。上戸は『子供ほしい』が口癖。この1年数カ月、仕事上の理由から中出しを我慢し続けてきた。レコ大受賞で興奮がピークに達したばかりのHIROの、“1分間100回”といわれる驚異のマシンガンピストン腰フリ運動が久々に炸裂し、ようやくナマ中出し解禁でエクスタシーに達した上戸がすぐ妊娠するのは確実」(同)

 新春早々めでたい!