6日、シンガポールのある女子大生が地下鉄での痴漢防止用のベストを開発した。一面にトゲが生えたハリネズミのような姿は見る人を驚かせる。

写真拡大

2013年12月6日、中国新聞社によると、シンガポールのある女子大生が地下鉄での痴漢防止用のベストを開発した。一面にトゲが生えたハリネズミのような姿は見る人を驚かせる。

【その他の写真】

混み合った地下鉄では痴漢がよく出没し、女性が被害に遭うことがある。これまでにも多くの人が痴漢防止のさまざまな製品を開発してきたが、シンガポール国立大学の女子学生、蕭明真さんの作品は全く目新しいものだ。

蕭さんはハリネズミの外見やSF映画の衣装を参考に、同校の「珍道具」作業室で多くのプラスチック片上に弾力性のある釘を固定し、プラスチック片をつなぎ合わせて、この「Spike Away」と名づけた痴漢防止用のベストを作った。

蕭さんは自分でこのベストを着て地下鉄に乗ってみたところ、誰も近寄らなかった。ベスト一面のトゲは痴漢だけでなく、他の乗客も恐れさせて近づけず、彼女の周囲には大きなスペースが空いたという。(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/TF)