映画「黒執事」完成報告レッドカーペットイベントより

写真拡大

11月20日、映画「黒執事」の完成報告レッドカーペットイベントが明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前で行われ、水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、そして大谷健太郎監督が登場した。

本作は累計発行部数1600万部突破の大ヒットコミック「黒執事」を映画化。万能にして忠実な執事・セバスチャンを俳優の水嶋ヒロ。男装の麗人・幻蜂清玄(汐璃)を女優の剛力彩芽が演じる話題作。

この日は、リムジンに乗ってキャスト陣が登場すると、待ちわびたファンから歓声が飛び、レッドカーペットではファンとサインや握手で触れ合い、ファンサービスを行った。

明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前の階段の特設ステージにキャスト陣が勢ぞろいし、映画の完成をファンに報告した。

水嶋ヒロさんは「皆様に自信を持ってお見せすることができる作品がついに完成しました。今日を機にもっともっと全国にこの作品が届くよう、良いところをいろいろ引き出していただけたらなと思います。」

剛力彩芽さんは「この作品はすごくいろんな要素が盛り込まれていると思うので、まずは皆さんに何も考えずに観に来ていただけたら嬉しいなと思います。」とそれぞれコメント。

3年ぶりの復帰作となる本作について水嶋ヒロさんは「約半年間役作りに時間をかけさせていただいたので、自分が思いつく限りのことをすべてやりまして、なかなか大変な半年でした。」と振り返る。

男装の麗人・幻蜂清玄(汐璃)を演じた剛力彩芽さんは「男装と言っても汐璃本人は男として生きているという覚悟があるので、その中でどう男らしく見せて行こうというのは悩みました。歩き方1つでも、ちょっとでも違えば女の子に見えてしまうので・・・。」と男装姿を演じる難しさを語っていた。

そして、ミステリアスな役どころの若槻華恵を演じた優香さんは「実年齢よりも上の役だったので、貫禄を出せるように頑張ったんですけど、衣装だったり、メイクに助けられました。」と明かす。

また、ドジッ娘メイド・リンを演じた山本美月さんは「メイド服を着て演じるというのがすごく楽しくて、しかもアクションをやるって言うギャップが萌え要素の1つかなと思います。(アクションを)2ヶ月前から練習して、マット運動もできなかった私が頑張って演じたので観て欲しいですね。」と語っていた。

この日、ブラックドレスに身を包んだ女優陣を見た感想を聞かれ、水嶋ヒロさんは「あまりに綺麗すぎるっていうのが最初の印象で、役を演じている時、それはそれでいつもと違う魅力がたっぷり滲み出てるんですね。正装された姿を見て“こんな人が世の中いるんだな”と思いました。」と、女優陣を絶賛していた。

最後に水嶋ヒロさんは「美しい映像に映し出される独特な怪しい世界観。そして個性的なキャラクターたち。スリリングなミステリー。華麗で本格的なアクション。2時間のうち、どこを切り取っても、本当に見どころが詰まってると断言できるくらい豪華な内容となってます。年齢問わず、原作のファンでなくても十分に楽しめるエンターテインメント作品です。是非観に来てください。」とアピールした。

映画「黒執事」は2014年1月18日(土) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー■関連リンク
映画『黒執事』公式サイト