サムスン 「二番手商法」に限界?

ざっくり言うと

  • 「二番手商法」を徹底し、世界1位の座を奪ってきたサムスン
  • 自らが開発・投資を進める立場になり、新規事業開発という壁にもぶち当たる
  • 後継者と目される会長の長男は、過去に2000億円超の損失を出したことも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x