「安さ」を選べる時代です。

シネックスインフォテック株式会社が11月16日(土)より、スマホ端末『Freetel』の販売を開始するとの発表がありました。

ユーザーが自分で使いたいキャリアやMVNO業者を選んでSIMカードを調達して使えるSIMフリー端末で、昨今ではGoogleのネクサス5などもこの方式ですね。

このFreetel最大の特長は、なんといっても本体価格がかなり安く設定されていること。本体のお値段は12,800円と非常にリーズナブルになっています。

必要最低限...の端末スペック

こうした廉価端末をハイエンド機のようにガツガツ使おうという人もあまりいないとは思いますが、かなり抑え気味なスペックを一応こちらに。


131115freetel02.jpg

プロセッサー: SC7710 1GHz CPU
メインメモリ: 512MB
内蔵ストレージ: 8GB+最大32GBまでのmicroSDカードに対応
OS: Android 4.1.2
ディスプレイ: 3.5インチ(解像度:480×320ピクセル)
カメラ: 背面2.0メガピクセル、前面:0.3メガピクセル
サイズ: 116.5 × 61.5 × 11.3mm(約113g)
バッテリー: 1500mAh

ブルートゥース2.1、GPS、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)


ちょっと懐かしい数字がいくつも見られ、なんだかノスタルジックです。

特にディスプレイやカメラの解像度は今の目で見るとややキツめ。お手頃価格だからといって初心者ユーザーにはあまりオススメではないと思いますね。このスペックでも割り切って使える人向けのユーザーを選ぶ端末だと言えるでしょう。


デュアルSIM、テザリング、使い方いろいろ

しかし、数字のスペックだけで判断するのは早計です。このFreetelのあまり他に見ない特徴としてSIMカードを2枚差せる『デュアルSIM端末』であるというメリットがあります。

例えば海外に行く際にも、現地キャリアのSIMと日本で使っているいつものキャリアのSIMを両方差しておけば、通常は現地の通信回線を使いながらも、日本での電話番号の待ち受けを同時に行うことだって可能。他にもなにか工夫で便利に使いこなせるかもしれません。

また標準でテザリング機能もあるので、モバイルWi-Fiルーターの代わりに購入するのも価格的には充分アリだという感触。なによりMVNOなどの各種格安回線を活用してトータルコストを安く済ませることができます。

131115freetel03.jpg

使う目的さえはっきりしていれば、低スペックでも意外と大活躍できそうな格安スマホ端末。スマホも性能、安さ、デザインなどの切り口でもっといろいろ「選べる」ようになるといいですよね。



国内最安値クラスのSIMロックフリースマートフォン「freetel」の提供を11月16日より開始|ニュースリリース [シネックスインフォテック株式会社]

(ワタナベダイスケ)