これも病気なの?食事をした後、とても喉が渇くワケとは?

写真拡大

喉が乾きやすい人と、食事中も後も全然飲み物を飲まない人、あなたはどちらのタイプ?
喉がよく渇くため常に水を持ち歩いている、という話をよく聞きますがこれって病気というよりも、むしろ健康にはよい気がしますよね。

そもそも、喉の乾きが現れるのは原因はいくつかあります。

まず多いのは、乾燥や、脱水による体内の水分枯渇。身体は、約6割が水分で占めています。その水分が足りなくなると、喉が渇いたというSOS症状がでて、水を欲するという仕組み。

また、年を重ねると、唾液が出にくく、そのため喉が乾燥し、乾いたと感じることもあります。他にも、病気が原因のことも考えられます。

ストレスや緊張で自律神経が乱れたときや、糖尿病・腎臓病・高血圧症などの病気があるときは、症状として喉の渇きを感じることも。

特に暑くてスポーツ飲料で補給していると急激に血糖値が上がり、それが日常化し糖尿病になってしまい、喉の乾きが続いているなんてこともあるんです。

食事でも影響します。塩分の濃いものを食べた時は体内にナトリウムが多くなり、ミネラルバランスが崩れ、喉の渇きを感じることも。

辛いものを食べて、体温が上がったり汗がたくさん出たときも、喉が渇いて水分が欲しくなりますよね。

だから、食事内容を変えるのも方法の一つ。

薄味のものにしたり、食事中水分をこまめに摂るようにしたり、あっさりとした和食のような刺激の少ないものを選ぶのもいいでしょう。

喉の渇きを訴えるという状況は、すでに身体で水分が枯渇していることがほとんど。

身体の水分が少ないと、血流の流れや、酵素や栄養成分の供給、リンパの流れが悪くなり、免疫が落ちることもあるんです。

例えば、喉や気管が乾燥している状態では、菌やウイルス、ほこりなどが付着しやすく、風邪やアレルギーを起こすことも。さらに、皮膚にも充分な潤いがないと抵抗力が低下しやすく、癌細胞に変化していくこともあるので要注意。

喉が渇いたと思ったら、極力すぐに水分を補給しましょうね。