ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋のGIシリーズが再開。11月10日に行なわれるのは、牝馬のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)です。

 以前は、牡馬クラシックの菊花賞のような位置づけで、3歳"牝馬三冠"の最終戦として、芝2400mで行なわれていました。それが、1996年から古馬牝馬との混合戦(3歳以上)となり、距離も2200mに短縮されて開催されるようになりました。あれからもう、17年の時が経つんですね。今では、3歳牝馬と古馬牝馬の"統一女王決定戦"としてすっかり認知され、毎年熾烈な戦いが繰り広げられています。

 ただ、今年も「最強牝馬」のジェンティルドンナ(牝4歳)がジャパンC(11月24日/東京・芝2400m)に参戦予定。実際のところは、「暫定女王決定戦」と言えるかもしれませんが、もし今回、ジェンティルドンナと未対決の3歳馬が勝った場合は、その馬とジェンティルドンナがどこかで対戦してほしいものですね。

 さて、今年のエリザベス女王杯ですが、3歳馬は計7頭が参戦します。そのうち人気は、二冠馬(オークス、秋華賞)メイショウマンボ(牝3歳)と、秋華賞4着で重賞2勝のデニムアンドルビー(牝3歳)でしょう。実績的には申し分ありませんからね。とはいえ、ともに目標は秋華賞(10月13日/京都・芝2000m)だったと思いますし、秋華賞の前には極悪馬場のローズS(9月15日/阪神・芝1800m)で激走しています。ピークを再度作るのは極めて大変なことで、この秋すでに激しいレースを2回も消化していては、余力が残っているのか、やや不安がありますね。

 ならば、ここを目標にしてきた古馬のヴィルシーナ(牝4歳)のほうに、一日の長があると思います。

 昨年の3歳"牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)"すべての2着馬で、今春のヴィクトリアマイル(5月12日/東京・芝1600m)で悲願のGI制覇を果たしたヴィルシーナ。この秋最大の目標は、エリザベス女王杯であることは間違いありません。

 牡馬混合の大阪杯(6着。3月31日/阪神・芝2000m)を叩いてヴィクトリアマイルに臨んだように、今回もステップレースには牝馬路線ではなく、京都大賞典(8着。10月6日/京都・芝2400m)を選んできました。牡馬混合の重賞、それも大阪杯や京都大賞典と言えば、牡馬トップクラスが参戦し、牝馬にとっては厳しい結果に終わることが予想されます。それでも、あえて出走するということは、過酷なレースを経験し、成長をうながす意味があるのでしょう。実際、ヴィクトリアマイルでは結果が出ているだけに、今回も期待が持てそうです。

 鞍上は、前走・京都大賞典で、3歳時のクイーンC(1着。2012年2月11日/東京・芝1600m)以来、久しぶりに手綱をとった岩田康誠騎手が引き続き務めます。その前走、積極的にハナを切ったものの、3コーナー辺りで後続に早めに詰め寄られてしまいました。しかしそこは我慢して控え、1番人気のゴールドシップ(牡4歳)の仕掛けに合わせて追い出すという、自在の競馬を見せました。結果は8着でしたが、立場を考えれば、上々の内容だったと思います。岩田騎手も成長したヴィルシーナに対する感触を十分につかんだでしょうし、本番でもいい競馬を見せてくれるのではないでしょうか。

 ところで、今回の「ヒモ穴馬」ですが、関東馬のハナズゴール(牝4歳)を取り上げたいと思います。

 今年はすでに6戦を消化。しかも、オープン特別の芝1400m戦から牡馬混合重賞の芝2200m戦まで、いろいろな条件のレースを走っています。普通に考えれば、この使い方には疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。確かに最近は結果も出ていないので、そう思っても仕方がありませんが、この馬の持つ鋭い決め手は、GIを勝てるだけのものがあります。出来さえ戻れば、いつGIを勝ってもおかしくないと思っています。

 ここ数戦、この馬の適性と仕上げ方に関して、陣営が試行錯誤しているように見えました。それでも今回は、GIの舞台だけあって、いちばん成績が出ていたときと同じように、早くから栗東(関西のトレーニングセンター)に入厩して調整する方法をとってきました。強いハナズゴールの復活があっても不思議ではありません。

 さらに、前走の府中牝馬S(9着)と代わらず、武豊騎手が手綱をとるのも心強いです。レース全般で折り合いに注力し、終(しま)いに鋭い決め脚を爆発させるような馬は、テン乗り(※初めてその馬に騎乗すること)ではなかなか難しいものがあります。その意味でも、2回目となる武豊騎手の騎乗は好材料です。

 また、例えばテン乗りで勝った場合、大概いいイメージだけが残ります。もちろん、それも悪いことではないのですが、負けた場合のほうが、負けた理由は何なのか、乗り方なのか、馬の状態なのか、といろいろ考えます。そしてそれが、次走に向けての対策となるのです。名手・武豊騎手であれば、当然あらゆる手を打ってくると思います。それもまた、楽しみですね。

 今回は人気をかなり落としそうですが、前走までとは明らかに状況が違います。プラス要素がたくさんあるだけに、"一発"の期待が大いに膨らみます。