HKT48の指原莉乃が「サンタフェのような写真集を出したい」と、宮沢りえばりのヘアヌード写真集の発売に燃えている。バラエティでの彼女なりの冗談とも思えるが、AKB48時代から付き合いが長く、同じ太田プロに所属する北原里英が「指原は給料制」だと証言したことで、写真集出版計画に現実味が出てきた。

HKT48に移籍して以降、さらに人気が上昇した指原莉乃は今年の『AKB48選抜総選挙』でついに1位になる大躍進を見せた。そんな彼女の収入については何度も話題となってきたが、共演者の多くは「人気のわりに、それほどもらっていないらしい」と予想している。

彼女はバラエティ番組『今夜くらべて見ました』で、20万〜30万円する外国製の高級スピーカーを購入したことを「これ買ったら一生モノを買わないというくらい、決死の思いで買った」と話している。MCの後藤輝基(フットボールアワー)から「1位になって給料は上がったのか」と問われた指原は、首を横に振って「そんなにすぐには上がらない」と明かした。「CMに出ればCM代が入るけど、基本給は変わってないです」とも語っているが、いったいどれほどの収入があるのか。

10月31日深夜放送の『アレはスゴイはず!?』に出演した北原里英は、指原と同じ太田プロに所属している。MCの土田晃之が「指原がずっと給料制のこと言ってた。歩合にしてくれみたいな…」と話を向けると、北原は「歩合にされると、指原とまたここで差が出るから給料制の方がありがたい」と本音を語ったのだ。北原と指原はAKB48に同じ5期生として入っており、それからすると給料もあまり差は無いと考えられる。

指原莉乃の方が圧倒的にテレビ出演数は多いが、指原自身の「基本給は変わっていない」という証言や北原が「歩合制になると差が出る」と話したことから考えると、指原はやはり給料はそんなにもらっていないようだ。指原の収入について彼女からある程度聞いている後藤や徳井義実(チュートリアル)は「よしもとのお笑いコンビ・天竺鼠(結成10年)よりも少ないのでは」と予想していた。

そういう状況にある彼女が、冠番組『指原の乱』で「初の写真集を出したい」と提案した。共演者の福田雄一監督からどのようなものを考えているか問われると、彼女は宮沢りえが出して話題となったヘアヌード写真集『サンタフェ』を挙げた。しかも「私は給料制なので、そういうのが一番助かるんです」と写真集にこだわるわけは「報酬」だとも暗に認めている。指原莉乃にとって基本給以外の収入となるCM出演も、AKB48の人気メンバーに比べるとそれほど多くは無い。頑張った分だけ報酬が欲しいと思う気持ちはあって当然だろう。それを考えると“ヘアヌード写真集”宣言も冗談ばかりではないかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)