中西優香のブログのスクリーンショット

写真拡大

SKE48チームKIIの柴田阿弥(20)が話題の“レンタルフレンド”に興味を持っているようだ。チームSリーダーの中西優香が、彼女がそれを検索して調べているところを目撃してブログで明かしている。中西はそんな彼女の行為に驚きながらも、「いつか柴田がレンタルフレンドを利用する日が来るのか?」とそっと見守っていた。

“レンタルフレンド”は『女性スタッフだけの便利屋 株式会社クライアントパートナーズ』の女性スタッフが、友達として同行するサービスだ。「映画を観てその感想を聞いてもらいたい」、「ゲームセンターで知らない人と対戦するのは気が引けるので、相手をして欲しい」といった様々なシーンで女性が同行してくれるという。男女とも利用者が増えており、話題となっている。

中西優香が『SKE48 中西優香オフィシャルブログ』で10月30日に、「私が目撃したことを包み隠さず言いたいと思います」と意を決して「柴田阿弥が“レンタルフレンド”という言葉を検索していました」と明かしている。中西によると柴田は検索して「レンタルフレンド…レンタルフレンドか…」と興味津々だったようだ。

中西も思い当たったようで、「柴田、やはりそんなに友達が欲しかったのか!」と納得している。柴田阿弥は自ら“ぼっち”をアピールするところがあり、メンバーやファンにも“ぼっち”というキャラクターが浸透しているのだ。その彼女が“レンタルフレンド”を検索していたので中西も合点がいったのだろう。「いつか柴田がレンタルフレンドを利用する日が来るのか? こうご期待!」と笑っていた。

10月26日に神戸で行われたSKE48のコンサートでは、11月20日にリリースされる新シングル『賛成カワイイ!』が披露され、その柴田阿弥が初選抜入りを果たした。今年のAKB48選抜総選挙では17位と大躍進を見せた柴田阿弥だけに、これからは“ぼっち”になる暇もないかもしれない。“レンタルフレンド”の利用は当面難しいだろう。

※画像は、SKE48 中西優香オフィシャルブログのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)