誰も話さない8つの妊娠中の体の変化「足がふらふら」「かゆい」

写真拡大

よくあるものから変わったものまで妊娠中に起こりうる体の変化を集めました。

●足がふらふら
妊娠中は体重が増えるだけでなく、ホルモンの影響で関節もゆるくなるため、階段やすべりやすい場所などを歩くときは十分に注意しましょう。

●シミが濃くなった?!
妊娠によりメラニン生成を促すホルモンが増加、その影響でシミそばかすが濃くなります。出産後数か月すると薄くなってくるのでご安心を。

●妊娠線
もともと誰にでも妊娠線はありますが、妊娠していないときは色が薄くて見えないだけ。それが妊娠中は濃くなります。これもまた徐々に薄くなるので心配しないで。

●息切れ
妊婦さんの4分の3は息切れを経験するといわれます。特に双子の場合はつらいそう。胎児の分まで酸素が必要だからです。また妊娠後期には肺も圧迫されるため、さらに苦しくなるので覚悟して。

●静脈瘤
妊娠中は子宮に血液を送るため、普段より50%も多くの血液が必要。40%の女性はふくらはぎに血管が浮き出るといいます。出産の数か月後には妊娠前に戻ります。長時間同じ姿勢でいるのは避けましょう。

●よだれが…
唾液(だえき)の分泌を促すホルモンも。電車の中では寝ると恥ずかしいことに!

●脚の付け根の痛み
この自転車に乗りすぎたような痛みもよくあります。股関節や腹筋が痛くなることも。心配な場合はお医者さんに相談しましょう。

●かゆい!
特に急激に皮膚がのびるおなかまわりがかゆくなりがち。湿疹(しっしん)がでることも。肌にやさしいお洋服を選びましょう。

いろいろ大変な妊婦さんですが、かわいい赤ちゃんのため!がんばりましょう!

参考:8 bizarre pregnancy symptoms nobody talks about
http://uk.lifestyle.yahoo.com/8-bizarre-pregnancy-symptoms-nobody-talks-about-134659829.html