元調教師・秋山雅一が教えるレースの裏側
「走る馬にはワケがある」
連載◆第8回

競走馬の気性の悪さを解消する目的で使用される矯正馬具。主なものは、ブリンカーやチークピーシズなど5種類ある。そのうち今回は、シャドーロールとパシュファイヤーについて、元調教師の秋山雅一氏に解説してもらった。

―― 前回は、馬の視界の一部を狭めるブリンカーとチークピーシズ(9月26日配信「ブリンカーやチークピーシズが競走馬にもたらす効果とは」)についてうかがいました。今回はまず、三冠馬ナリタブライアン(1993年〜1996年に活躍。皐月賞、ダービー、菊花賞の牡馬クラシックすべてを圧勝。「シャドーロールの怪物」と称された)が使用したことで有名になったシャドーロールについて教えてください。

秋山:シャドーロールは、チークピーシズと同じボア生地の矯正馬具で、こちらは馬の鼻先に着用します。用途はブリンカーやチークピーシズと一緒で、馬の視界を制限するためのものですが、シャドーロールは横や後方ではなく、馬の足もとの視野を狭めることがいちばんの目的。自分の足もとの影を見て驚いてしまう馬が稀(まれ)にいて、そういう馬たちに着用します。他にも、特にダート戦で、前方から飛んでくる砂が目に当たるのを防ぐ、という効果が少しだけあります。

 あと、シャドーロールを着けて足もとが見えなくなると、逆に足もとを見てやろうとして、頭を下げる馬がたまにいるんですよ。それを逆利用して、頭の高い馬に対して、頭を下げさせるために使うことがありますね。ただし、そうした使い方については、否定的な意見もあります。というのも、頭を高くして走るのは、骨格や筋肉のつき方による、競走馬の構造的な問題だからです。要は、一般的に頭を低くしながら前方に伸ばして走るのがいいフォームとされていますが、頭が高い馬にとっては、頭を高くして走るフォームこそが最も走りやすいわけです。そのため、「無理やり頭を下げて走らせることが本当にいいことなのか?」と、疑問に思っている関係者は少なくありません。

―― 調教師や騎手の方々が「あの馬は頭が高いから」というコメントをしているのをよく見るので、頭を高くして走る馬はダメなのかと思っていましたが、そうとも限らないわけですね。

秋山:人間だって、例えばオリンピックの100m走を見ても、選手によって走り方はまったく違うじゃないですか。それと同じで、馬も頭を低くして走ったほうがいい馬もいれば、頭を高くして走ったほうがいい馬もいるわけですよ。つまり、シャドーロールにしろ、ネックストレッチ(馬の頭からハミの両側を通して腹帯に装着するもの)や、折り返し手綱(腹帯からハミ環を通した特殊な手綱)、マルタンガール(腹帯に取り付ける革ひもの道具)といった、頭を下げさせるための補助器具を使って馬の走りを矯正するのは、必ずしもいいことではないということです。実際、競走馬の持って生まれた走り方を重視して、無理な矯正をしない調教師が最近は増えています。

―― 話がちょっと逸れてしまいましたが、シャドーロールの話に戻しましょう。いくつかの効果を期待されているシャドーロールですが、着用したことで、逆にマイナスに作用したことはありますか。

秋山:そういうケースもありましたね。結局、足もとの視界が遮(さえぎ)られることで、不快に感じる馬がいるんですよ。それで、動かなくなったり、暴れたりした馬もいました。それに、先ほどの話に戻ってしまいますが、頭の高い馬に使ってみたら、逆にもっと頭の高いフォームになってしまったことがありました。とはいえ、シャドーロール単体では効果がないけれども、ブリンカーやチークピーシズと組み合わせることで効果が出ることがあります。後ろ、横、そして下といろいろな方向の視野を狭めることで、より集中力が増した馬がいました。あと、飾りの要素でシャドーロールをつけている場合もあります。

――「飾り」というのは、いわゆるお洒落ですか?

秋山:そういうことです(笑)。ブリンカーなどと組み合わせて、カラフルに装備している馬もいましたからね。例えば、厩舎のカラーが青だったら、管理馬にそろって青のシャドーロールをつけている厩舎もありましたよ。それなら、レースや追い切りのときに、自分の厩舎の馬が見つけやすいというメリットがあるのかもしれませんね。

―― さて次は、パシュファイヤーについて教えてください。

秋山:パシュファイヤーは、覆面のようなマスクの目穴部分が網状の目隠しになっているもので、ブリンカーやチークピーシズと同様、視野を制限して馬の集中力を高める効果があります。別名、ホライゾネットと呼ばれています。ブリンカーやチークピーシズと違って、パシュファイヤーを装着してレースに出ることはほとんどありません。パドックまでとか、ゲートインまで着用していて、レースの前に外すのが一般的です。

 自分で試しに、パシュファイヤーをかぶってみたことがあるんですが(笑)、視界はかなり制限されて、目の前にある物の形を正確にとらえるのは難しかったですね。弱視の馬の場合はさらに見えなくなると思うので、目に入ってくるモノすべてが気になってしまう、物見(ものみ)が酷い馬や、カッと熱くなりやすい馬を制御するには相当な効果が期待できます。全体にぼんやりとしか見えないので、周りに何があるのかわからなくて、安心感が増すのではないでしょうか。

―― パシュファイヤーはレースではあまり使用しないということでしたが、着用して出走した馬に効果はなかったのでしょうか。

秋山:そんなことはありません。過去に私が管理していた、アクレイム(牡)とチェストウイング(牡)という馬には、効果がありましたよ。2頭ともすごく入れ込みやすいタイプで、競馬場に到着してレースまで出張馬房に待機している間に(体力を)消耗してしまうんです。そこで、パシュファイヤーを使用したところ、かなりの変化が見られました。とても落ち着いていて、レースでも結果を出せるようになりました。周囲がぼんやりとしか見えないので、人に頼ろうとして、騎乗者の指示に従いやすくなったんです。

 以来、レース当日はもちろんですが、普段の運動や調教のときから、パシュファイヤーを装着して入れ込まないようにしていました。パシュファイヤーはずっと着用していても、慣れて効果が薄くなることがないので、この2頭を管理するうえでは、本当に助かりました。ただし、パシュファイヤーをはじめ、すべての馬具は、どんな馬にも効果があるとは限りません。そこは、調教師が常に試行錯誤を繰り返して、馬に合ったものを使用することが大切です。

text by Sportiva