AeLL.オフィシャルブログのスクリーンショット

写真拡大

ファンに過酷な労働をさせるアイドルグループとして賛否の声を浴びているAeLL.(エール)の篠崎愛が、有吉弘行から浴びせられた言葉にショックを隠せない。彼女は有吉の冠番組でグループのメンバーと今後も一緒にやっていくつもりかを問われた際に、「豚はひとりでやっていくのね?」と言われてしまったのだ。放送を見た彼女はその体験を思い出して、ブログで悲しい気持ちを訴えた。

人気グラビアアイドルの篠崎愛が所属するAeLL.は、リーダーの西恵利香と石條遥梨、鷹那空実の4人からなる。グループ名は“Activity Eco Life with Love”から来ており、「健康」、「エコ」、「環境問題」に取り組むアイドルグループとして活動している。そんな一風変わった彼女たちが、10月20日に放送された『有吉反省会』で理不尽なファンイベントを明かして話題となっている。

「握手会はありふれているから」とAeLL.が企画したファンイベントは、“AeLL.村”を作るための農作業や開墾作業だ。ファンは参加費4500円を払った上に、軍手や長靴で重装備して本格的な作業を行う。メンバーも参加するが、会話の内容は「どうやって刈ってる?」という作業確認程度だ。しかも彼女たちはスタジオで「お茶くみくらいはやっています」と明かしているので、全般に重労働はファンにまかせているらしい。

篠崎愛は「自給自足できるような村を作って、後々はファンの人たちと家族のように住めたら」と理想を語るが、有吉から一緒に風呂に入ったり寝たりするのか?と訊かれると「アイドルとしての一線は引かないと…」と現実に戻っていた。

AeLL.のメンバーで篠崎愛はグラドルとして人気もあり、歌の上手さからバラエティ番組にも出演するなど活躍しているが、他の3人はまだ知名度が低い。有吉から「本当にこの3人と一緒にやっていくつもりか?」と詰められて、篠崎は「もちろんです。最高のメンバーです」と答えている。

メンバーの名前を覚えていない有吉は、鷹那空実を博多大吉がつけた「ししゃも」の名で呼び、石條遥梨を服の色から「赤」と呼んだ。そして「豚はひとりでやっていくのね?」とどさくさに紛れて篠崎愛のことを“豚”と呼んだのだ。「豚じゃないですよ!」と篠崎も立ち上がって憤慨していた。

彼女は21日の0時過ぎに『AeLL.オフィシャルブログ』で「有吉反省会見たー?」と読者に尋ねると、「てかはじめてテレビで“ブタ”って言われた。え〜ん!」と伝えている。「そんなことまで言われたのに、こんな時間に松屋のお弁当を買って帰る私…もうダメだ」とかなりショックだったようだ。

番組ではファンに過酷な思いをさせたAeLL.の4人に、“禊”として栃木県にある太平山神社のおよそ1000段もある階段掃除を命じた。本殿まで上るのに20分はかかるその階段を、彼女たちは雨の中で日が暮れるまでかかって掃除したのである。今後のイベントについては再考するのかもしれない。

※画像は、『AeLL.オフィシャルブログ』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)