どう座るのかわからない、見るからに3Dレンダリングなチェア

写真拡大

椅子には椅子らしい形と言うものが...。とは思っていても、斬新なデザインだとやっぱり目を奪われちゃいますよね。


デンマークはコペンハーゲンのデザイナーPhillip Grassさんによる「Loopy」は、どこに腰掛けたらいいのか迷うような、いかにも3Dレンダリングでデザインしたんだろうと思ってしまう斬新なデザインのモダンチェア。


スチレンフォームやファイバーグラス素材で出来ています。2010年の作品なのですが、デザインスクール在学中の最後にデザインしたものなのだとか。残念ながら商品化はされていないようです。

公式サイトを見ると、どの作品もなかなかファンキーでスピード感あふれる、カーブが美しいデザインばかり。ぜひそちらもご覧ください。


[phillip grass furniture design]
Loopy by Phillip Grass [CONTEMPORIST]