ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋のGIシリーズが本格的に始まります。10月13日には、3歳牝馬三冠の最終戦となる秋華賞(京都・芝2000m)が開催されます。

 この秋華賞、牝馬三冠の中でもとりわけ難解なレースです。というのも、阪神外回りの芝1600mで行なわれる桜花賞と、東京・芝2400mで行なわれるオークスは、比較的有利不利の少ないコース設定で、馬の実力や能力どおりの結果が出やすいのですが、秋華賞が行なわれる京都内回りの芝2000mというのは、とてもトリッキーなコースで、圧倒的な人気馬の取りこぼしが意外に多いんです。

 同コースは、まずスタートしてから1コーナー入口までの距離がそれほど長くありません。そのため、ポジション取りが熾烈になりやすく、テンからペースが速くなることがしばしばあります。フルゲート18頭立てのGIレースとなれば、なおさらです。そして、328mという最後の短い直線が最大のポイント。阪神外回り(桜花賞が行なわれるBコースは476.3m)や東京(525.9m)に比べてかなり短いため、早仕掛けになりやすいんですね。さらに、直線に入る前には、3コーナーから4コーナーに向けて急坂を下っていきます。結果、勢いがつきやすくなって、4コーナーでは皆、外へ膨らんでしまいます。そんなふうに、レースの行方を左右する要所が多く、ジョッキー目線で見ても、非常に乗りにくいコースです。

 そうしたコース形態やレースの特徴を加味して、人気を背負う馬は、3〜4コーナーにかけて、どうしても外側を進出したくなります。内をつくとゴチャついて不利を受けることが想定され、直線が短いコースではそのロスが致命傷になるからです。すると当然のことながら、他頭数の競馬で外を回る分、人気馬は相当なロスを背負うことになります。そこで、もし博打(ばくち)を打つような騎乗で、内から仕掛けていく能力差のない有力馬がいたりすると、人気馬は出し抜けを食らうことになります。

 過去には、あのウオッカ(3着/2007年)も、そんな競馬で負けました。出来うんぬんもあったのでしょうが、1着ダイワスカーレットに敗れたのはまだしも、2着レインダンスを捕らえ切れなかったのは、秋華賞というレースの特徴ならではのものでしょう。一昨年の1番人気ホエールキャプチャ(3着)も外目を回って、内をついた1着アヴェンチュラ、2着キョウワジャンヌには届きませんでした。

 ならば、人気を背負っても内で我慢すればいいのでしょうが、ブエナビスタ(3着。※2位入線降着/2009年)のような例があります。4コーナー付近の内側で包まれて仕掛けが遅れて、勝ったレッドディザイアにハナ差及びませんでした。また、単勝1.7倍という断然の人気を背負ったダンスインザムード(2004年)は、すべての不利を回避するために早めに仕掛けていきました。しかし、同馬自身で息の入らない展開を作ってしまい、差し馬の流れになって4着と沈みました。

 どの馬も、その後の活躍を考えれば、負けたことが不思議でなりませんが、そうした波乱が起こってしまうほど、トリッキーなコースなんです。牝馬三冠レースの中で、勝ちを意識して乗るのが最も難しいコースと言えるのではないでしょうか。

 さて、今年の秋華賞で1番人気が予想されるのは、前哨戦のローズS(9月15日/阪神・芝1800m)を快勝したデニムアンドルビー(牝3歳)です。ローズSのレースぶりも見事でしたが、春の未勝利戦(3月31日/阪神・芝2000m)や、フローラS(4月21日/東京・芝2000m)の勝ちっぷりも強烈でした。GIを勝てる器だと証明するに相応しい内容だったと思います。

 ところが、勝つと思われたオークス(5月19日/東京・芝2400m)では3着止まり(1着メイショウマンボ)。フローラSで下したエバーブロッサム(牝3歳)にさえ、先着(2着)を許してしまいました。確かに、当時は1カ月以内に関西から東京までの長距離輸送が2回ありました。そのうえで東京の芝2400mというタフなコースで競馬をするのは、若駒の3歳牝馬には厳しい条件でしたが、トライアルよりもパフォーマンスを落としていたことは、ちょっと残念で、気になるところでしたね。

 今回は、京都開催なので長距離輸送はありませんが、トライアルのローズSは台風の影響を受けて極悪馬場で行なわれました。非常にタフなレースだったので、勝ったデニムアンドルビーには、その疲労がまだ残っているかもしれません。再び、トライアルよりもパフォーマンスを落とす可能性は十分にあります。

 まして、デニムアンドルビーは器用な脚を持っていません。勝ちを意識して乗るのが難しいコースで結果を出すのは、展開やペース、コース取りなど、いろいろな条件がはまらなければ、かなり厳しいと思います。そういう意味では、内田博幸騎手がどんな乗り方をするのかが興味深いところ。そこは、注目して見てみたいですね。

 そんなデニムアンドルビーとは対照的な存在なのが、スマートレイアー(牝3歳)です。スタートしてスッと好位につけて折り合うことができ、しかも仕掛けると即反応し、加速していく器用な脚があります。トリッキーなコースで、この器用な脚は大きな武器になるでしょう。

 スマートレイアーがデビュー戦(4月7日/阪神・芝1600m)を飾ったのは、桜花賞の日でした。素晴らしい内容で、勝ちタイムは同じ条件で行なわれた桜花賞とコンマ3秒しか変わらず、当時から「秋華賞で面白い存在だな」と思っていました。2戦目の500万下(5月5日/東京・芝1800m)のレースも完勝し、鞍上の武豊騎手も相当な手応えを感じたのでしょう。3戦目の1000万下特別(8月10日/新潟・芝1800m)にも、この馬のためにわざわざ新潟まで遠征して騎乗していますからね。

 そこでは、初の古馬との対戦で4着に負けました。結果、秋華賞出走に向けて1走(1000万下特別1着。9月21日/阪神・芝1800m)余分に走ることになりましたが、無敗で本番を迎えると、何かと足かせになることもあるので、かえって良かったと思います。それに、キズナに騎乗して4着に敗れたとはいえ、凱旋門賞で「勝つにはこれしかない」という好騎乗を見せてきたばかりの武豊騎手が手綱をとります。昔ほどの凄味はないものの、ベテラントップジョッキーらしい、味のある、技ありの騎乗を見せており、「名手・武豊」は健在です。今回も、スマートレイアーをうまくエスコートしてくれるのではないでしょうか。

 ところで、今回の「ヒモ穴馬」ですが、セキショウ(牝3歳)を取り上げます。秋華賞というのは、逃げ馬にとっては厳しいレースなのですが、ここはあえて同馬の一発に期待したいと思います。

 セキショウは、トライアルレースの紫苑S(9月7日/中山・芝2000m)を快勝しました。通常、トライアルレースというのは、賞金の足りない馬がクラシック出走の権利を得るために勝負をかけ、比較的早仕掛けのレースになることが多く、逃げ馬にはかなり厳しい展開になります。しかし、セキショウは難なく逃げ切って見せました。決して展開に恵まれたわけではありません。自ら厳しい(速い)流れを作って、自力で勝利をもぎとりました。

 今回は相手が強化されますが、京都コースは時計の速い軽い芝で、今の馬場状態は最高です。逃げ馬にとっては理想的な馬場で、セキショウが"あッ"と言わせるシーンを見せても不思議ではありません。