前哨戦を快勝したキズナ(牡3歳)とオルフェーヴル(牡5歳)による、日本調教馬の悲願達成が期待された今年の凱旋門賞(現地10月6日/フランス・ロンシャン/芝2400m)。それぞれ万全の態勢であることが日本にも大々的に伝えられ、多くのファンが夢実現の瞬間を楽しみにしていたに違いない。だが――。

 直線を向いて早々と先頭に立ったのは、道中、オルフェーヴルの後方にいたトレヴ(牝3歳/フランス)だった。まるで昨年のオルフェーヴルが抜け出したときのリプレイを見るかのように、大外から勢いよく抜け出していった。

 それ対して、馬群を割って追いかけるオルフェーヴル。ここから昨年と同じ伸びを見せればかわせるはず、と思ったが、デビュー以来4戦して負けることを知らない3歳牝馬は強かった。昨年のオルフェーヴルのようにゴール前でブレーキがかかることなく、むしろ追いすがるオルフェーヴルをあざけり笑うかのように突き放した。

「あまりの強さにあぜんとした」

 再び2着に屈したオルフェーヴルを管理する池江泰寿調教師は、レース後の会見で開口一番こう漏らした。

 これが"世界"の層の厚さなのか――。完膚なきまでに叩きのめされた指揮官の表情は、不安を微塵も感じさせなかったここ数日間とは、まるで別人だった。青白く、正気を失っているようだった。

 それも無理はない。池江調教師の目論見どおり、オルフェーヴルは完璧に仕上がっていた。この1年、オルフェーヴルの持ち味を消すことなく、昨年の凱旋門賞、そしてジャパンカップで見せた悪癖の修正に努めてきた。そして、前哨戦のフォワ賞(現地9月15日/フランス・ロンシャン/芝2400m)を圧巻のレースぶりで快勝した。

「これが、見せたかった姿。もう1度このレース内容ができれば、この馬は完成する」(池江調教師)

 休み明けながら、強烈な強さを見せたオルフェーヴル。レース後は、1度叩いたことでさらなる上積みを見せていた。だからこそ、池江調教師は「あとは結果がついてくる」と高らかに宣言し、自信を持ってオルフェーヴルを送り出した。それが、力でねじ伏せられてしまったのだから、とてもレース前の様子を保てるはずはなかった。

 一方のキズナも、本番に向けての順調度ではオルフェーヴルに負けていなかった。

 前哨戦のニエル賞(現地9月15日/フランス・ロンシャン/芝2400m)では、佐々木晶三調教師がキズナの状態に物足りなさを認めながらも、ヨーロッパの同世代の強豪を一蹴。その後は、佐々木調教師が「思惑以上に順調過ぎて、不安な点は何もない」と断言するほど、万全のコンディションだった。

 迎えた本番。後方から数えて2番手に位置し、オルフェーヴルとトレヴを見ながらレースを進めた。勝負どころに差しかかると、トレヴを追いかけるように進出を開始。オルフェーヴルに対して外からかぶせるように仕掛け、同馬に抜け出す隙を与えず、真っ向から勝ちにいってみせた。

「オルフェーヴルに並んだときは勝てると思った」

 しかし佐々木調教師のその手応えは、トレヴの前に打ち砕かれて、キズナは4着に終わった。

 オルフェーヴルにしろ、キズナにしろ、状態もレース内容も完璧だったが、相手が強過ぎた。2頭の日本馬の調教師からは、改めて凱旋門賞という壁の厚さへの言葉が漏れた。

「完敗です。スミヨン騎手も完璧に乗って、オルフェーヴルの力は出し切ったと思います。それでも負けたので、勝った馬が強かったとしか言いようがありません」(池江調教師)

「今できることをやった満足感と、(勝者だけが乗ることのできる)馬車に乗ることができない残念な気持ちと半々です」(佐々木調教師)

 勝ったトレヴとは何が違ったのだろうか。

 鞍上のティエリ・ジャルネ騎手は3回目、管理するクリケット・ヘッド=マレック調教師は2回目と、それぞれ「凱旋門賞で勝つこと」を知っていた。ただし、彼らにも「初めて」はあったはずである。それがすべて、とは言えないだろう。

 スミヨン騎手は会見でこう振り返った。
「(斤量)5kgの差は大きかった」

 オルフェーヴルの59.5kgに対して、トレヴは54.5kgと確かに斤量の差は存在する。事実、3歳馬有利は凱旋門賞における定説だが、斤量の差があっても、それを生かし切れるかどうかは、その馬の持つ本質的な能力によるのではないだろうか。それを裏付けるように、スミヨン騎手は続けた。

「それでもトレヴが強かった」

 結局、今年は"世界"の驚異的な走りに凌駕されたに過ぎない。トップホースの能力自体に、世界と日本との差がないことは、この数年の内容からも証明されている。まして、今年の日本馬は2頭が挑戦して、2着、4着と好走した。

 池江調教師はふと、こんな言葉を漏らした。
「去年、勝てていれば......」

 昨年と今年、オルフェーヴルの異なる内容の2着に、"壁"を越えるために必要なものが見え隠れする。今年のトレヴと同じように、昨年のメンバーの中では間違いなくオルフェーヴルの力が抜けていた。だが、それだけ圧倒的な能力差を持ちながら勝つことができなかった。

 勝てるときに勝つ力――。これこそが、日本競馬の悲願に求められているものではないだろうか。その力を備えたとき、歴史の扉が開かれるに違いない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu