世代を超えたV系愛! “ロッキンママ”東海林のり子&『バンギャルちゃんの日常』蟹めんま対談

写真拡大

バンギャル(ヴィジュアル系ファンの総称)をテーマにしたエッセイコミック『バンギャルちゃんの日常』の2巻発売を記念して、熱烈なヴィジュアル系ファンであることでも知られる”ロッキンママ”ことリポーターの東海林のり子さんと、作者の蟹めんまさんの対談をお送りします。世代は違えどV系愛は変わらず…?

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

東海林:『バンギャルちゃんの日常』読ませてもらったんだけど、面白かったわ!「コクがある」というか、女の子たちの表情や服装が細かく描かれていて、流して読めないの。だからすごく、一冊としての価値があると思って。

めんま:ありがとうございます…。この単行本の帯も書いてくださって、本当にうれしいです。

東海林:私は昔から日比谷の野音に集まる女の子たちと話したりすることがあるんだけど、皆すごい格好をしてくるじゃない?「その格好で家から出てきたの?」と聞いたら、「出てきました」と。そういうひたむきさみたいなものがすごく可愛いなって思います。

皆手作りで衣装を作ったりして。マンガに出てくるように、お母さんに手伝ってもらったりしてる人もいるみたいなんだけど。

めんま:最初は親からも「何やってんだ!」と言われてたんですけど、私が必死に作っているのを見かねて手伝ってくれるようになって…。

東海林:私も今までバンギャルの皆さんがライブ会場に集まっているところしか見たことなかったので、こういう風にひとりひとりの日常が描かれているのを読んで「ああこんな子もいるんだ〜あんな子もいるんだ〜」というのがわかって面白いのよ。

めんま:私が初めて東海林さんのことを知ったのは『BREAK OUT』というテレビ番組でした。そこで東海林さんがリポーターをしていたんですが、それまで私は「大人はロック系のことは理解してくれない」と思ってたんです。でも東海林さんは番組の中でもファンのような目線だったじゃないですか。「大人でもこんな風にV系を好きでいてくれる人がいるんだ…」とすごく驚いたのを覚えています。

東海林:自分で「X(JAPAN)のおっかけリポーターの東海林です」って言ってたんですよ。もしかしたらそれで若い子たちが「おっかけの仲間」と思ってくれたのかもしれないわね。

Xとの最初の出会いはTOSHIくんのラジオ番組に出演したのがきっかけなの。どうして呼ばれたかというと、ロックミュージシャンってライブがあると朝まで呑んでるらしいのね。それで、朝テレビをつけると私がワイドショーでレポートしてるじゃない?それで「ちょっとあの人(東海林さん)を自分のラジオに呼んでみようか」ってなったみたいで(笑)。

私はそれまで日本のロックって聞いたことがなくて、プレスリーの世代だから。それで、娘から「(Xは)すごい格好してるから! 怖いのよ!」と言われて「そうか、それは面白そうだから行ってみようかな」って(笑)。

めんま:そこで「面白そう」と思うのが凄いですよね。

東海林:そういういきさつでラジオ番組に出演させてもらったんだけど、TOSHIくんは「よく来て下さいました!」と、すごく礼儀正しかったし、外で待ってるファンの子たちもエネルギーが凄くてね、それで興味を持つようになったの。

当時私は『おはよう! ナイスデイ』というワイドショーのレポーターをやっていて、番組に「Xを取材したい」と提案したら、「ワイドショーを観てる奥様はロックを拒否するんじゃないか」と言われたのよ。それでもがんばって「Xは面白いし、ファンの子も礼儀正しいし絶対に取材したい」と粘ってやっと実現したんです。それが91年くらいだったかしら。

めんま:まだ「ヴィジュアル系」っていう言葉も定着してない頃ですよね。

東海林:「(Xのことを)わかってもらいたい」と、あの頃はムキになってたのよね(笑)。そして番組が放送されたら、結構数字も良かったし、ファンの女の子から感想の手紙がたくさん届いたの。その手紙の内容もみんなひとりひとりすごくしっかりしていて。「手紙を書く」っていう文化自体若い人の中ではもう薄れている時代だったのに、青や緑のきれいな色のペンを使って便箋4枚分くらい書いてくれてるわけ。

それで手紙の最後に「ここまで読んでくださってありがとうございます。お返事は結構です」って書いてあるんだけど、住所も電話番号も書いてあるんですよ。中には人生相談みたいな内容もあって「お母さんがライブに行くことを許してくれません」なんて。そういう手紙に電話番号が書いてあると、仕事の合間にその子の家に電話をかけたりしてね。

めんま:私、「東海林さんから家に電話がかかってきた」というファンの人のお話を聞いたことあります! その時は「すごいな〜、でも本当かな〜?」って思ってましたけど…本当だったんですね(笑)。

東海林:何人かにそんな風に電話をかけたことがあって。お母さんに「V系のライブはすごく体力を消耗しちゃって、ライブが終わってから歩けなくなる人も出るくらいなので、夜に出歩いても非行に走るなんてことはありません!」と(笑)。 

めんま:本当にその通りです。みんなアーティストに夢中で必死だから、ライブの後に悪いことをする余裕なんて無いですし(笑)。でもそれを子供の私が親に言っても、当然まったく聞いてくれなくて…(笑)。

だから、東海林さんのような方がテレビでV系の話をしてくださるのが本当に心強くて、親にも「東海林さんが好きなバンドなんだから大丈夫」と説得したりしました(笑)。

東海林:そんなわけで、アーティストのライブに行くとそこに来る女の子たちのことが気になって。ライブで「今日はどこから来たの?」というMCに対して「大阪!」「沖縄!」…最近だと「香港!」とかね。このライブに来るまで、けして安くはないチケット代や交通費を捻出するために、お小遣いを貯めたりバイトをしたり…そうやって想像すると、ひとりひとりがすごく愛おしく感じるのね。

そんな彼女たちがライブで「うわーー!」と盛り上がって汗だらだらになってると「風邪ひかないでね」と思ったり…。本当に可愛いんですよ。このマンガはそういったバンギャルさんの「可愛さ」がよく出てるのよ。

めんま:最近もライブにはよく行かれるんですか?

東海林:行きますよ〜。昨年末のLUNA SEAのZeppTokyoのライブは凄かったわね! 本当に感動したわ! だって(近年はアリーナ・ホールクラスの会場でしかライブを行っていない)LUNA SEAがZeppよ? 

めんま:その言い方がすでにバンギャルさんに近いものを感じます(笑)。

東海林:それにイベントでR指定も観たりしましたね。今はV系といってもすごく幅が広くなって、ゴールデンボンバーみたいな人たちも出てきて。

めんま:若いバンドもチェックしてらっしゃるんですね。私、東海林さんがセレクトしたコンピレーションアルバムが大好きで。この選曲は本当にV系のことが好きな人が選んでるんだなってわかるから…。

東海林:それは嬉しいわ。「ロッキンママ」と呼ばれてますけど、私自身は「ドコのバンドのこの曲が素晴らしい」とか、批評したりはできないんですよ。本当に観客だから、「格好いい」はわかるけど「音の部分が〜」みたいなところはわからないもの。

バンドって全体で醸し出すから誰の楽器の演奏が上手い下手とかじゃないと思ってますし、音楽ライターさんとは違う視点だから、長い間見続けていられるのかもね。

めんま:私も音楽のことはわからないから、インストアイベントとかで曲の感想を言いたいんですけど、知識がないから「良かったです」としか言えなかったり…。

東海林:それは悔しいわよねえ。

めんま:知識がないとおっしゃいますが、東海林さんは色々なバンドをご存知ですよね。

東海林:そうねえ、見に行くと応援したくなっちゃうタイプなの。やっぱりライブは好きだわ、なんせ「現場の東海林」ですからね(笑)。

バンドのライブは勿論だけど、バンギャルちゃんの動きも段々こなれていってるというか、複雑になってきてるじゃない? あれもおもしろいわよねぇ。マンガにもあったけど、鉄柵の前にいる子が時々持っている踏み台があるわよね。あれはドコで売ってるの?

めんま:そこまでご存知なんですか! あれは…300円均一やホームセンターで売っています(笑)。

東海林:そういえば、マンガの中で遠征もなさったんですよね。大変だったでしょ? 夜行バスも進化してるっていうからそうでもなかった?

めんま:進化し過ぎて逆に落ち着かなかったりしました…(笑)。慣れてないのもあって、移動だけですごく疲れてしまいました。 

東海林:バンギャルさんはほとんどバスを使っての移動するのよね。本当に凄いと思うわ。

めんま:機材車で移動するバンドも、バスや新幹線を駆使して移動するバンギャルさんも凄いですよね。

東海林:私の知り合いのV系ファンの方も、仕事もあるし子供も孫もいらっしゃるけれど、ライブがあると北関東から東京に来て参戦してますよ〜。元気よね〜。

めんま:孫まで…それは凄い…。それに最近は親子でライブに参戦してるのもよく見かけますよね。大御所バンドだとライブにファミリー席があったり、物販にスタイ(よだれかけ)やベビー服もあったりするんですよ。

東海林:本当? 随分と変わったわね〜。皆さん大人になったものね。そうそう、前にタクシーに乗った時、運転手さんが女性だったんですけど「東海林さんですよね? 実は私hideちゃんのファンで…」と声をかけられて、嬉しくなっちゃったの。そういう出会いやつながりって結構あって…。長く続く思い出っていいですよね。みんな大人になって…。

めんま:それに、自分がこうやって大人になってからつくづく思うんですけど、90年代に東京ドームや武道館をやっていたバンドって当時20代なかばだったりするんですよね。10代の頃は彼らのことをカリスマ視していたんですけど、今の私よりも年下なのに、あんな状況にいたなんて…と比べても仕方ないんですけど、別の意味で「本当に凄かったんだな」と思えたり。

東海林:そんな若いのに、インタビューするときもいっぱしの大人みたいな口を利いていたわ(笑)。

めんま:そういうインタビューを読んで、中高生の頃は「バンドマンがこんなに頑張っているんだから、私も頑張ろう!」と思ってました。…いや、大学の卒業制作の時も、たまたまテレビでLUNA SEAのライブドキュメンタリー番組をやっているのを観て「LUNA SEAだってこんなに努力しているのに、こんないいかげんな作品じゃダメだ!」と最初から作り直したりしてました(笑)。

V系を聴いてバンドを始める人も多いと思うんですが、そんな風に「生き方」自体に影響を受けるバンギャルさんも多いと思うんですよ。

東海林:バンドを応援してることが、ひいては自分の人生に影響を与えるということもあるのね。みんな純粋だものね。

めんま:たとえば、コスプレが高じて服飾方面に進んだり、旅行会社で遠征の知識を活かしてる人もいるんですよ。

東海林:面白いわ〜。ファンひとりひとりに色々な裏側があるのよね。…そんな話を聞いたらhideちゃんもきっと喜ぶわよ。本当にあの人はファン想いだったんですよ。ファンレターもすごく読んでると言ってたし。だから、ファンの日常が描いてあるこのマンガのこともきっとすごく面白がってくれたと思うわよ。


こちらのレポートもどうぞ!
【漫画】V系ファン女子の熱すぎる生き様!「バンギャルちゃんの日常」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9535 ]
「バンギャルちゃんの日常」発売記念・バンギャル漫画家対談 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9819 ]
清春、HYDE、yasu…豪華メンバー参加! Pに聞いた「DEAD END」トリビュートアルバム制作秘話 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17024 ]
【V系】ブレイク間近!? 今後大注目のヴィジュアル系バンド5選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16513 ]
【V系】NoGoD・団長が“バンドの玄関”ボーカリストとしての思いを熱く語る! 【ロングインタビュー】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16411 ]