現地9月15日、フランスのロンシャン競馬場で行なわれたGIIニエル賞(3歳限定)で日本ダービー馬のキズナ(牡3歳)が、GIIフォワ賞(4歳以上)では日本最強馬のオルフェーヴル(牡5歳)が勝利。この凱旋門賞(現地10月6日/フランス・ロンシャン)の前哨戦の結果は、昨年のフォワ賞でオルフェーヴルが遠征初戦を快勝したとき以上に、地元フランスだけでなく、世界中の競馬シーンに大きな衝撃をもたらした。

 まず敏感に反応したのは、欧州各国の大手ブックメーカーだ。前哨戦の前までは、同じロンシャンで行なわれたGIパリ大賞典(7月13日/芝2400m)を制した地元フランスのフリントシャー(牡3歳)が1番人気(5倍前後)で、欧州各国のGIを4連勝中のノヴェリスト(牡4歳/ドイツ)が6倍前後で続き、7倍前後のオルフェーヴルが3番人気だった。そしてキズナは、15〜17倍で8〜10番人気といったところだった。

 それが、前哨戦の結果を受けて、2頭の評価が急上昇。キズナは、7〜8倍までオッズが上がって、4番人気までジャンプアップした。さらに強烈なのは、オルフェーヴルだ。各ブックメーカーが軒並み3.5倍見当のオッズをつけて1番人気に躍り出た。イギリス大手のラドブロークス社に至っては、2倍という超ド本命のオッズをつけた(オッズは、9月27日現在のもの)。

 2006年、ディープインパクトが凱旋門賞に挑戦した際には、ロンシャン競馬場に大挙して日本のファンがやってきた。彼らが「記念に」と単勝馬券を大量購入したこともあって、発走直前のディープインパクトのオッズが1倍台になる珍事が起こった。しかし今回の数字は、"お土産"でも社交辞令でもなんでもない。出走回避などの不確定要素がまだまだ多いこの時期、オルフェーヴルの2倍というオッズは異例のこと。昨年も、レースを翌週に控えて、有力馬が相次いで出走を取り止めたことは記憶に新しい。それを踏まえれば、このオッズがいかに高い評価の表れなのかがわかる。

 また、欧州の大手競馬メディアも、盛んに日本馬2頭の話題を取り上げている。とりわけ、オルフェーヴルに関しては、レース翌日だけでなく、その後もかなりの紙面を割いている。イギリスの最大手レーシングポスト紙では、9月25日に行なわれたオルフェーヴルの1週前追い切りの様子を、翌日の紙面で大々的に報じていた。

 取材を担当したレーシングポスト紙の記者スコット・バートン氏は、記事執筆前に凱旋門賞の展望をこう語っていた。

「私の本命は、オルフェーヴル。対抗にトレヴ(牝3歳/フランス)、3番手にノヴェリスト、続いてキズナです。これは、お世辞でもなんでもありません。上位の2頭の力は拮抗しているとは思いますが、フォワ賞の内容と今日の追い切りの動きから(オルフェーヴルの勝利を)確信しました。もう、去年のようなこと(ゴール前で失速して2着)はないでしょう。欧州の各陣営も"挑戦者"を迎え撃つという気持ちではないみたいですよ。『我々が挑戦者』といった意識のようです」

 オルフェーヴル陣営と同じ宿舎を利用し、調教前後の準備運動やクールダウンでも同じコースを使うことが多いという、カタールのベリーナイスネーム(牡4歳/フォワ賞2着馬)の関係者も、オルフェーヴルにはお手上げの様子だった。

「(オルフェーヴルのことは)毎朝のように見るけれども、体はそれほど大きくないのに、力強さが他の馬とは比較にならない。ベリーナイスネームの出来にも自信はあるが、正直どこまで食らいついていけるのか......。今回(凱旋門賞)は、遠征を計画しているジャパンカップ(11月24日/東京・芝2400m)へのいい指標になればと思っている」

 一方で、「キズナにこそチャンスあり」と唱える識者もいる。フランスの女性記者イサベル・マシュー氏だ。

「フォワ賞を快勝したオルフェーヴル。休み明けとしては、合格点を与えられる内容だったと思います。ただし、これといった有力馬が出走しておらず、レースのレベルには疑問符がつきます。翻(ひるがえ)って、ニエル賞を勝ったキズナは、レース内容も素晴らしかった。良化途上にありながら、2着ルーラーオブザワールド(牡3歳/アイルランド)に、抜かれそうで抜かされなかった。その最後の粘りが実に評価できます。そして何より、凱旋門賞に強いとされる3歳馬。ニエル賞で破ったライバルたちも、本番では良化してくるでしょうけど、私はさらに上積みが見込めるキズナがいちばん勝利に近いと考えています」

 さて、海外メディアから極めて高い評価を受けているオルフェーヴルとキズナだが、決して予断を許さない。「挑戦者」と吹聴していても、日本の馬には負けられないと、虎視眈々と逆転を狙っている欧州陣営の壁は厚い。なかでも、前述のふたりの記者、バートン氏とマシュー氏が「最大のライバル」と口をそろえる、トレヴの存在は脅威だ。

 トレヴは、オルフェーヴルとキズナ同様、9月15日に同じロンシャンで行なわれた牝馬(3歳以上)のGIヴェルメイユ賞(芝2400m)に出走。古馬相手に快勝し、デビューから無傷の4連勝を飾った。現在、ブックメーカーではオルフェーヴルに次ぐ2番人気の評価となっている。

 そもそも、今年6月に行なわれたフランスのオークスにあたるGIディアヌ賞(シャンティイ・芝2100m)をレコードタイムで制したトレヴ。その直後に、現カタール首長の実弟であるシェイク・ジョアン・ビン・ハマド・アル=サーニ氏が、すかさず購入したほどの素質馬だ。そして、トレード後初のレースとなったヴェルメイユ賞もあっさり勝ってしまうのだから、凱旋門賞で本命視されるのも無理はない。

「(日本馬にとって)間違いなく、いちばんの強敵になるはずです。馬込みを気にすることなく、自力で割って抜け出してくるパワーと終(しま)いの伸び脚は、歴代の名牝に並ぶものがあります」(バートン氏)

 馬の実力もさることながら、その力を遺憾なく発揮させるのが、世界屈指の騎乗技術を持つと言われる、鞍上のランフランコ・デットーリ騎手。昨年、薬物使用で半年間の騎乗停止処分を受け、雌伏(しふく)の時間を過ごしていたが、処分後に前述のシェイク・ジョアン氏と専属契約を交わし、再び表舞台に帰ってきたのだ。

 そんなトレヴの他にも、GI連勝中のノヴェリスト、オリビエ・ペリエ騎手が騎乗するフランスダービー馬アンテロ(牡3歳/フランス)、そして巻き返しを狙うフリントシャーやルーラーオブザワールドなど、昨年の凱旋門賞よりも明らかにレベルの高いメンバーが「打倒・日本馬」に燃えている。

 世界最高峰のレースだけあって、やはり一筋縄にはいかない。だが、そのハイレベルな一戦を制してこそ、タイトルの価値は一層高まることだろう。

 本番を間近に控えて、オルフェーヴル、キズナの両陣営からは不安が微塵も感じられない。万全の態勢を整えて、静かに闘志を燃やしている。

「(レースまで)1週前の負荷としては、申し分のない動き。息の入りも良くて、思いどおりのいい調教ができています」

 と、オルフェーヴルを管理する池江泰寿調教師が語れば、キズナの調教を担当する山田誠二調教助手も順調さをアピール。

「トモ(後肢)の筋肉に丸みが出て、前哨戦の1週前と比べても動きがかなりよくなっています」

 昨年はゴール目前で潰えた日本調教馬の悲願。ついに今年、その夢は成し遂げられるのか。現地10月6日の決戦から目が離せない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu