3Dプリンターで大阪のオバチャンを量産してみた!

誰でもカンタンにフィギュアなどの立体物が作れると話題の3Dプリンターだが、「何を作って良いかわからない」という声も多い。そこで今回はその活用例として、大阪のオバチャンを次のように360度スキャンしてフィギュアをつくってみた。


モデルになってくれたのは、大阪に住む乙吉久子さん55歳だ。
売れそうなフィギュアはすでにあるから、出来るだけ売れ残りそうなモノを作れば、かつてないフィギュアが出来るのではないか。

制作してくれたのは、大阪の心斎橋で3Dフィギュアのプリントサービスを行う「ロイスエンタテインメント」だ。スキャンは一着2分、全体としては30分ほどで終わり、約一カ月後にこちらが届いた。

ムダにクオリティが高い。
今回、オバチャンに私服を借りたが、下のようにハデな模様や原色はフィギュア映えするそうだ。意外に大阪のオバチャンと3Dプリンターは相性がいい。

さっそくジオラマ風に撮影してみた。

さらに「大阪城」「太陽の塔」などを足して、大阪のポスター風にしてみた。


このようなジオラマ撮影もいいが、もっと実用的に使えないものだろうか。

そこで、オカンが言いそうなセリフを加えて、家の中で、ちっちゃいオカンがムダづかいを叱ってくれる節約グッズを作ってみた。

サイズは小さいが、イヤでも視界に割り込んでくる存在感だ。

これさえあれば、1人暮らしであろうと、節約を意識できる。
そしてこのように部屋中にたくさん配置すれば、さらなる節約が見込めるはずだ。
参考に、大阪のオバチャンが叱る様子を撮影させてもらった。ハンパない迫力だ。

こちらはクーラーのスイッチを切り忘れたことに激怒している様子だ。
これらも参考に3Dフィギュアを作成している。