2010年以来の関東大会へあと2勝。千葉経大附が7回コールド勝ち! 

先発・岡本(千葉経済)

 昨年度から活躍する選手が多い千葉経大附。その選手たちがしっかりと活躍を示し、ベスト8入りを決めた。まず千葉経大附は左打者7人が並ぶ左打者中心の打線である。

千葉経大附は初回に二死一、二塁のチャンスを作ると、5番黒田 架瑠(2年)が右中間を破る二塁打を放ち、まず1点を先制。そして2回表には8番湖島 千博(2年)が中超え三塁打を放ち、9番岡本 直也(2年)が前進守備を敷く三遊間を抜いて、左前適時打。さらに3回表には二死三塁から6番沓澤 侑希(2年)の適時打で3イニング連続で1点を入れて、実に効率のよい攻撃であった。

だが八千代も食い下がり、3番藤崎 健佑(2年)は右前安打、4番竹尾 歩海(2年)は左前安打で無死一、二塁のチャンスを作ると、5番西木 一哉(2年)が左中間を破る長打で二者生還し、3対2と1点差に迫る。このまま追い込みたい八千代であったが、後続が続かず、1点差止まり。

5回表、二死一塁から7番中村 健太(2年)の右超え三塁打で1点を追加。6回表、9番岡本の投前安打、1番稲村 晃希(2年)の投野選で無死一、二塁。2番永田 大貴(2年)は見逃し三振に倒れ、3番中村 士朗(2年)が四球で一死満塁。4番佐々木 由太(2年)は遊ゴロ。併殺になるかと思われたが、佐々木が全力で駆け抜けセーフ。さらに1点を入れて、5対2。これを併殺で終わるか、終わらないかで全く試合の流れは違うものである。

 

八千代の4番竹尾歩海

 併殺を免れ、これを勢いにしたい千葉経大附は5番黒田が初球のストレートを捉えて、中前安打。これで黒田は2安打2打点目。千葉経大附の打者の中でボールの待ち方が実に良く、足の上げてからタイミングの取り方も上手く、インパクトからミートに入るまで無駄がない。そして捕手としてはコンスタントに2.00秒前後のスローイングをベース近くにコントロールする肩の強さと精度の高さ。千葉県内でも攻守の力量はトップレベルに入るキャッチャーだろう。

さらに攻撃は続き、6番沓澤が歩き、満塁となって、7番中村健が直球を捉えて右中間を破る走者一掃の三塁打を放ち、9対2と大きく勝ち越す。中村健は4番佐々木と同じ右打ち。広角に打ち返せる右打者で、勝負強さもあり面白い選手。今後も注視していきたい選手だ。

投げては左腕の岡本が長いリーチを生かした130キロ前後の速球、スライダー、カーブを投げ分け、7回2失点の好投でゲームセット。千葉経大附がコールドで破った。

千葉経大附はベスト8。2010年以来の関東大会進出まであと2勝に迫った。2010年以来のチームと比較しても打撃力は負けないものがあり、守備自体も落ち着いている。選手の能力は高いものがあるので、秋から春へどんな成長を遂げていくか注目したいチームだ。

(文=河嶋 宗一)