歯医者いらずの歯を強くさせる方法とは?「口内の酸性レベルを低くする」

写真拡大

白くて強い歯は憧れますよね。定期的に歯の検査に行くことや、フッ素入りの歯磨き粉、マウスウォッシュなどで歯の健康を保つことは大事ですが、自然に歯を強くしたり、虫歯にならないためにできる方法をお教えします。

1.糖分を控える
食事は歯の健康や虫歯に大きく影響します。歯のエナメル質を丈夫に保ち、虫歯を予防するには炭酸飲料やお菓子類だけに限らず、フルーツやドライフルーツ、さつまいもなどの甘い食べものも控える方がいいでしょう。もし食べてしまったら、すぐに歯磨きをしましょう。

2.口内の酸性レベルを低くする
コーヒー、チョコレート、肉などの酸性の食べ物は口内のPhレベルを容易に変え、バクテリアが繁殖しやすくなります。コーヒーの変わりに、カテキン豊富な緑茶を飲み、口内のバクテリアをやっつけましょう。

3.ミネラルの摂取量を増やす
体はカルシウムを必要とし、骨や歯にはマグネシウムとリンが必要です。乳製品やアーモンド、ゴマなどからカルシウムを摂(と)り、緑の葉野菜やかぼちゃの種、玄米からマグネシウムとリンを摂(と)るようにしましょう。

4.ビタミン摂取を増やす
歯や骨の健康を保つにはビタミンA、C、D、K必要です。ビタミンAはタラの肝油に豊富で、ビタミンKは緑の葉野菜や、カリフラワーに含まれています。サケやサバはビタミンDが豊富で歯をミネラル化させ、かんきつ系のフルーツやパプリカはビタミンCが豊富です。

少しでも意識して、歯の健康を保ちたいですね。

※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Natural ways to strengthen your teeth
http://au.lifestyle.yahoo.com/health/family/article/-/17864776/natural-ways-to-strengthen-your-teeth/