人には言えない“干物女子”の休日の過ごし方「顔すら洗わない」「起きたら缶ビール」

写真拡大

毎日忙しく働く女子にとって、休日は買い物をしたり趣味に没頭したりできる貴重な一日。友人がFacebookなどで楽しそうな休日の様子をアップしているのを見ると、こっちまでワクワクしてきますよね。でも、中にはあまり他人に言えないような過ごし方をしている女子もいるようで……。というわけで、人知れず過ごしている「干物女子」たちの休日の様子を聞いてみました。

■顔すら洗わない(28歳/メーカー)
「完全にインドア派の私は、休日は用事がないかぎり完全に引きこもる。どうせ人に会わないんだから、寝間着から着替えないし、顔だって洗いません。土曜日はお風呂にも入らず、日曜に仕方なくシャワーを浴びる感じ」

人に会わなければメイクをする必要がない=顔を洗わなくていい! という発想なのでしょうか……?

■起きたら缶ビール(27歳/メーカー)
「休日は昼過ぎに起きて、朝ご飯も食べずにいきなり缶ビールを飲みはじめるほどお酒好き。ソファでゴロゴロしながら一日中テレビを見て、夕方にはテーブルの上が空き缶の山……。他人に言うと悪い印象を持たれますが、私にとって、これが至福のひとときなんです」

筆者もお酒が大好きで、休日は明るいうちから飲める幸せを噛みしめています。ただ、やっぱり人には言えません(笑)。

■一日中ゲーム三昧(26歳/出版)
「普段から、移動中にはケータイゲームが欠かせない私。休日はカップラーメンやお菓子、飲み物を準備して一日中LINEゲームやWii浸りになります。気がつくと夜になっているときは、さすがに自己嫌悪に陥ります」

「気がつくと夜」という経験は、干物女子にとって「あるある」ですよね!

競馬場へ行く(30歳/IT)
「元彼に教えられてから競馬にハマってしまい、今では日曜になるとひとりで競馬場へ行くほどに。1レースから最終レースまでガッツリ観戦して、勝てばそのまま近くの飲み屋でひとり打ち上げをする。もちろん、ギャンブルをやらない今の彼には、そんな姿は見せられない」

今でこそ女性ひとりで競馬場に行くのはめずらしくありませんが、その後の飲み屋はさすがに勇気がいる行動かも。干物というより、おやじ女子のようですが、どちらにせよ人には言えません……。

「またダラダラしてしまった……」と後悔するのはむなしいことですが、平日またがんばるためにも適度な“干物行動”は許してほしいものですよね。あなたはどんな「干物女子」的休日を過ごしたことがありますか?(立原麻里+プレスラボ)