日本調教馬の、悲願の凱旋門賞制覇に向けて放たれた"2本の矢"が、凱旋門賞と同じコース(フランス・ロンシャン競馬場)、同じ距離(芝2400)で行なわれた前哨戦で、見事に的の中心を射抜いた。"第1の矢"であるキズナ(牡3歳)がニエル賞(3歳馬限定)を、"第2の矢"であるオルフェーヴルが(牡5歳)フォワ賞(4歳馬以上)を快勝したのだ。しかも、それぞれが抱えていた課題を一掃する内容だった。

 前日までパリ特有のしとしとした雨が降り続いたのが嘘のような快晴の中、凱旋門賞の前哨戦デー(現地9月15日)は幕を開けた。

 日本から放たれた"第1の矢"は、今年の日本ダービー馬キズナ。同馬にとって、今回のニエル賞は初の海外レース。さらに、ひと夏を越えて、およそ3カ月半の休み明けの復帰戦となる。そのうえで、抜群のキレでダービーを制した脚は、パワーを要求される馬場適性があるのか? 3歳馬には酷とされる58kgという斤量を克服できるのか? この前哨戦は、まさにあらゆることが手探りの状況だった。

 そしてレース前、キズナを管理する佐々木晶三調教師も、レースに向かう愛馬の状態に物足りなさを感じていた。
「いつもよりおとなしい雰囲気で、ダービー当時と比べてもちょっと......」

 決して馬の仕上げに手を抜いてきたわけではないが、それでも不確定要素が多い中で、勝利への自信は乏しかった。「最悪でも最下位だけは免れたい」というのが、佐々木調教師の正直な気持ちだった。が、キズナの持つポテンシャルが、時間の経過とともに、佐々木調教師の見立てをいい意味で裏切っていった。

 ゲートで待たされたものの、動じることなく、不利のないスタートを切ったキズナ。道中は、馬場を気にすることも、折り合いを欠くこともなく、鞍上の武豊騎手とともにリズムよく、後方のインコースを追走した。

 はたして勝負どころを迎えても、武豊騎手はまだ手綱を持ったまま、楽な手応えで前方の馬群の様子をうかがっていた。その光景を見て、佐々木調教師は驚きを隠せなかったという。自身の心配をよそに、キズナは余裕たっぷりに、非常に堂々としたレースぶりを見せていたからだ。

 その後、直線を迎えて武豊騎手にゴーサインを出されると、キズナは一頭、また一頭と前の馬をかわしていった。先頭に並ぶと、佐々木調教師も「止まるな! 止まるな!」と、愛馬に懸命の声援を送った。そしてキズナは、内から鋭く抜け出してきた英国ダービー馬の猛追を抑えて1着でゴールした。

 すべての不安を吹き飛ばしての快勝だった。本番を見据えての試走は、最高の結果だった。まして、ハナ差の勝利ながら、2着に負かした相手は、今年の英国ダービーを制したアイルランドの名門、A・オブライエン厩舎のルーラーオブザワールド(牡3歳)。加えて、凱旋門賞の前売りオッズでオルフェーヴルらを抑えて1番人気に推されていた地元フランス馬のフリントシャー(牡3歳)まで4着に退けた。欧州3歳世代の、芝2400m戦線の2トップと言える存在を撃破したのだから、その価値は大きい。

「意識して、早めに動くようにしましたが、思いのほか反応が良くて、(直線では)少し待ってから追い出しました。正直、コンディションが本来の感じではない中で、よく凌いでくれました」

 レースから引き上げてきた武豊騎手がそう言って、キズナのポテンシャルの高さを称えると、佐々木調教師も勝利の余韻をかみ締めながら、本番に向けての自信をのぞかせた。

「まずは斤量58kgをこなしてくれたことが大きい。馬場に関しては、滑るような馬場ではなく、柔らかい馬場だったことが、この馬にはかえって良かったと思います。本番は斤量が2kg減って、しかもこの馬自身の上積みも相当あるはず。手探りだったものが、これで見えてきたかな」

 日本ダービー馬による、初の3歳時での凱旋門賞挑戦。前哨戦では、初物づくしの課題をすべてクリアし、そうそうたる有力馬をまとめて撃破した。「凱旋門賞に強い」と言われる3歳馬だけに、俄然注目も高まるはずだ。

「せっかく挑戦するんだから、人気にならないと面白くない。これでさらに、スタッフみんなの気も引き締まります」

 本番では、この日負かした相手も巻き返しを図ってくるだろうし、古馬との初対決が待っている。悲願達成には、まだまだ越えなければいけない"壁"がある。佐々木調教師は、本番へ向けて改めて気合いを入れ直した。そして、最後にこう言って締めくくった。

「ライバルは、オルフェーヴルです」

 その「ライバル」は、キズナの勝利から1時間40分後、昨年と同じステップレース、フォワ賞に出走。一段と進化した姿を我々に見せつけた。

 日本の"第2の矢"であるオルフェーヴルは、悠然とした佇(たたず)まいでパドックを周回。レースに向かってからも、内側3番手の位置で折り合っていた。直線で楽々と抜け出してからは、鞍上のクリストフ・スミヨン騎手が手綱を抑えて後ろを振り返るほど、余裕たっぷりのレースぶりを披露。2着に3馬身差をつけて完勝した。

 1年前の同じレースでは、パドックで入れ込み、レースの道中でも何度も口を割って気の悪さを見せたが、その馬と同一とは思えないような落ち着きぶりだった。単勝1倍台に推される馬であり、「格の違い」と言ってしまえばそれまでかもしれない。だが、これまでやんちゃな走りを繰り返してきたオルフェーヴルが、真の強さのベールを脱いだらこんなにすごいのか、と思い知らされた圧巻の内容だった。

「求めていた走りが、やっと見せられた」

 池江泰寿調教師はレース後、満たされたような表情を見せて、進化したオルフェーヴルを評した。

 さながら『オルフェーヴル バージョン3.0』と言ったところか。破天荒ながら、牡馬三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)と有馬記念を制覇した3歳時が『バージョン1.0』で、自身の力を持て余して、波乱に満ちた4歳時が『バージョン2.0』。そして、この日見せた究極の進化型が『バージョン3.0』というわけだ。

 今年、唯一出走した大阪杯(3月31日/阪神・芝2000m)。大人になった走りで快勝したものの、大人になった分、オルフェーヴルの持つ爆発力が内に閉ざされてしまったのではないか、と危惧していた。しかし、あのときのオルフェーヴルはまだテスト段階の、バージョン3.0の"ベータ版"だったのだろう。それは、池江調教師の「本当はこの走りを、宝塚記念で見せたかったし、見せられた」という言葉からも裏づけられる。

 その宝塚記念(6月23日/阪神・芝2200m)は、調教中の運動誘発性肺出血で回避した。フランスに来てからも、その影響や、調教中での外傷などから、コンディションに対する不安が囁(ささや)かれていたが、池江調教師はそうした外野の声を一蹴した。

「アクシデントがあって、必ずしも順調だったとは言えませんが、(オルフェーヴルの)コンディションはずっと良かった。今日のレースも、今ひとつだった昨年の状態よりもいい具合で迎えられて、レース後の息の入りもすごく良かったです」

 昨年、ゴール前で失速した凱旋門賞の悪癖はきちんと修正してきた。もちろんその際、オルフェーヴルの持つ良さまで打ち消してしまわないように調整を重ねてきた。その最終チェックが、今回のレースだったという。

「昨年(5頭)より頭数がそろった今年(9頭)のレースで、きちんと競馬ができるか、直線で抜け出してから真っ直ぐ走れるか、という点を確認しました。昨年は(ペースメーカーを務めた)アヴェンティーノに頼り過ぎていたけれども、今年は(オルフェーヴルに)自立心がついて、レースでも落ち着いていました」

 特筆すべきは、今回のフォワ賞は、オルフェーヴルにとって大阪杯以来、およそ5カ月半ぶりとなる休み明けのレース。なおかつ、今年に入ってまだ2戦目。その内容は完成の域に達したと言っても過言ではないものだったが、次回の本番ではひと叩きされて、さらなる上積みが見込めるということだ。

 それは、オルフェーヴルにとっても、池江調教師にとっても、未知なる領域となる。そこで見られるのは、とてつもない強さなのか、これまで見せた以上の"やんちゃスイッチ"なのか、誰にもわからない。ゆえに、キズナを管理する佐々木調教師の言葉を受けて、池江調教師は自身の期待と不安を抑え込みながら、こう語った。

「私たちも、最大のライバルは、オルフェーヴルです」

 底知れないポテンシャルを持つキズナと、別次元に達しようとしているオルフェーヴル。両馬が挑む、注目の凱旋門賞(現地10月6日)から目が離せない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu