日光の下でレモンを搾ると危険

ざっくり言うと

  • レモンなどの果汁が皮膚についた状態で日光に当たると危険だという
  • 果汁の成分が日光と反応して、ウルシかぶれに似た症状を引き起こす
  • このような炎症を「マルガリータ皮膚炎」と言い、1942年から知られている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x