【ストレスが消える!点圧セラピー】第七回:口臭を消す

写真拡大 (全3枚)

疲労時に特に気になる口臭。口臭の原因は、胃腸機能の低下、口内炎、歯周病等が考えられます。

 

口臭に関する意識からのアドバイスとしては「忘れる」ということ。

肉体的な原因の他、口臭で悩む人には、対人恐怖症の可能性が。口臭が気になるから対人恐怖症になっているのではなく、潜在的な恐怖が口臭となっている可能性が。口臭はひとまず置いて、失敗することや他人に嫌われることを恐れず、行動してみるのがよいでしょう。吐く息は内面の思考に対応していると言われます。恐れや不快な考えを手放せば、口臭も気にならなくなるものです。

 

胃腸の働きを高め、ストレスを軽減し、唾液の分泌を良くする特効ツボは合谷と足三里。

合谷と足三里は、足の疲労回復はもちろん、実は胃の働きもよくする万能ツボです。上廉泉は唾液の分泌を促すツボ。唾液の分泌が少ないことは口臭の原因のひとつなので、分泌を増やすことで、口内の雑菌を掃除してくれます。

効果的な「3つのツボ」の組み合わせを、順番に5秒ずつ押してみましょう!

1.合谷(ごうこく)

人さし指と親指の付け根。人差し指側の一番肉が盛り上がった所。痛みとしびれを感じれば良し。痛みが指先と肩まで来てもOK。



2.足三里(あしさんり)

膝下の出っ張った骨(すねの上)から外側に指1本分の所。しびれ、押さえられる感じがすれば良し。足、膝がピリピリしてもOK。

3.上廉泉(じょうれんせん)

喉仏の上、親指1本分の所。仰向けにして押す。強く押すと窒息するので、軽くゆっくり押すように。



監修・山本法乗

東洋医学心療カウンセラー、東洋医学心身治療家。鍼灸師、マッサージ師、指圧師。

吉祥治療院院長、病院のリハビリテーション主任を経て、1995年、心と身体の治療院「健康コラゾン」を開院。

その治療法は「治らなければ意味がない!」との信念のもと、鍼灸、整体、理学治療のほかに人間が本来持っている自己回復力の開発をベースにした触れただけで痛みやコリをとる点圧セラピー法を行なっている。

2005年より「意識を意識する」「意識と個別の病気との関係」を基本テーマとしたユニークな参加型セミナーや講演活動を行っている。

http://ameblo.jp/yamamoto-houjyou/