読み方が難しすぎる日本の地名

ざっくり言うと

  • 日本の難読・誤読地名の横綱といわれる千葉県の「宍粟市」と兵庫県の「匝瑳市」
  • 両市はこの難読を特色とし、PRを行っている
  • 宍粟は「しそう」、匝瑳は「そうさ」と読む

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x