「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」が4日に行われ、バレンシアと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦。インテルは0−4で敗れ、6日にユヴェントスと対戦することが決まった。

 ユヴェントス戦に向けて、インテルのアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオが展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「ユーヴェとの対戦はいつもビッグゲームだ。良い結果を出せることを願っている。確かに、僕たちはハードワークをこなしてきたから、足は重い。でも、この練習を続けるべきだと思うよ」

「今の時期で大事なのは、プレータイムを稼いでスタミナをつけていって、良い形でリーグ戦の開幕を迎えること。過密なスケジュールであることは確かだけど、落ち着いて、これまで通りに練習を続けることが大切だと思う」