マセラティ、「第70 回ヴェネツィア国際映画祭」のメインスポンサーに

「クアトロポルテ」とモニカ・ベルッチ.jpgMaserati(マセラティ)は、2013年8月28日に開幕する「第70 回ヴェネツィア国際映画祭」のメインスポンサーを務めることが決定しました。今後はこの世界的な映画祭とフィアットグループとの結びつきをより深めてまいります。


(写真は、「マセラティ クアトロポルテ」から出てくるイタリアの女優モニカ・ベルッチ)マセラティは映画祭参加者の送迎車サービス用に車両を提供いたします。レッドカーペットでは「ヴェネツィア国際映画祭」に参加する各国のセレブリティと共に、マセラティモデルが抜群の存在感を発揮することは間違いありません。また、エクセルシオールホテルのプールサイドに設けられることになった「マセラティ テラス」は、「ヴェネツィア国際映画祭」の中心的な役目を担う会場の一つになり、参加者へのインタビューやミーティング、カクテルパーティーやイベントなどが行われる予定です。

マセラティはこれまでも映画の世界と切っても切り離せない関係にあり、実に多くの作品にマセラティモデルが登場しています。スクリーンデビューはミケランジェロ・アントニオーニ監督のイタリア映画「ある愛の記録」(1950 年)。類まれな美貌の女優、ルチア・ボゼーが主役を演じ、彼女に劣らぬ優雅さを誇るマセラティ初のロードモデル「マセラティ A6 1500」が共演しました。それ以降も長年にわたって数々の映画スター ――ウーゴ・トニャッツィ、ヴィットリオ・ガスマン、カーク・ダグラス、グレン・フォード、ロック・ハドソン、デヴィッド・ニーヴン、ピーター・セラーズ、そしてアラン・ドロンなどがスクリーンの中でマセラティを運転してきました。ここ数年では、アメリカ映画「オーシャンズ13」(2007 年)とフランス映画「最強のふたり」(2011年)にマセラティが登場しています。どちらの作品も、主役級の輝きをみせたのが「マセラティ クアトロポルテ」でした。また「リミットレス」(2011年)では、主演のロバート・デ・ニーロ、ブラッドリー・クーパーと共に「マセラティ グラントゥーリズモ」が登場しました。
2014年に創立100周年を迎えるマセラティ社は、今もなお大きく成長し続けています。マセラティは、世界65カ国のマーケットで成功を収めている「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」、新モデル「クアトロポルテ」そして「ギブリ」といったモデルの持つ、大きな魅力や優れたパフォーマンスを通じ、イタリアの逸品を日々情熱をもって世界に発信しています。

 

「クアトロポルテ」とシャロン・ストーン.jpg
「マセラティ クアトロポルテ」とシャロン・ストーン。
 

 

【問】マセラティ コールセンター tel:0120-965-120

■関連記事
エルメネジルド ゼニアとマセラティの共同プロジェクト!VOR70マセラティ号の大海原への挑戦
ポルシェ ドライバーズセレクション『"911誕生50周年"記念コレクション』が登場
ジェシカ・アルバがフェンディを着用してイベントに参加!