インテルが選手背番号を発表…イカルディが9番、長友は変更なし

写真拡大

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは12日、新シーズンの選手背番号を発表した。

 2012−2013シーズンに引き続き所属する選手の中で、背番号に変更があったのは3選手。DFジョナタン・シセロ・モレイアは42番から2番に、ブラジル代表DFフアン・ジェズスは40番から5番に、コロンビア代表MFフレディ・グアリンは14番から13番に、それぞれ変更となった。

 また、6年ぶりにインテルに復帰した元U−21イタリア代表DFマルコ・アンドレオッリは6番、サンプドリアから加入のU−20アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは9番、ナポリから移籍のアルゼンチン代表DFウーゴ・カンパニャーロは14番、パルマから加わった元U−20フランス代表FWイシャク・ベルフォディルは18番に、それぞれ決定した。

 なお、長友の背番号は以前と変わらず、55番となっている。