スペイン代表GKバルデスは来季もバルセロナでプレー…会長が明言

写真拡大

 バルセロナのサンドロ・ロセイ会長は、移籍の噂されるスペイン代表GKビクトル・バルデスが契約満了となる2014年6月までバルセロナでプレーすると明かした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 記者会見の席でロセイ会長は、「バルデスの代理人が、フットボール・ディレクターであるアンドニ・スビサレッタに、現在の契約を全うすると言ってきた。我々はそれを聞いて喜んだよ」とコメントし、バルデスの残留を明言した。

 バルデスは今シーズン途中に、現在結んでいる契約を延長をしないと発言したため、移籍金が発生する今夏での移籍が噂されていた。しかし、バルデス自身は契約満了までクラブに残留する意向を明かしていた。