インテルとキャプテンであるMFハビエル・サネッティの愛の関係は、今後も続くことになるようだ。12日、インテルはクラブ公式サイトで、サネッティとの契約を1年延長したと発表した。選手は公式サイトで次のように話している。

「まずは信頼し続けてくれるクラブに感謝したい。僕らはずっとケガのことについて話し合ってきて、もう1年一緒にやることに決めた。クラブは再び僕を、インテルに対する僕の情熱を信じてくれていると示してくれたんだよ。この愛情と敬意にピッチで報いることができるように願っている」

「先日から僕に愛情を示してくれ、シーズンチケット(の購入)で来シーズンも僕らをそばで支えたいという気持ちをチームにも示してくれた本当に多くのサポーターにも感謝している。今は監督とチームメートたちの役に立てるように、しっかりと治そうとしているよ」

一方、ブラジル『ランスネット』によると、インテルはサントスGKラファエウの獲得をめざし、関係者が先日からブラジルを訪れているという。ラファエウはローマも気に入っている選手だが、インテルが同選手の獲得をまとめるとなったら、GKサミル・ハンダノビッチの去就など今後に影響があるかもしれない。