ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、今季限りでチームを去り、インテルの新指揮官に就任することになったワルテル・マッツァーリ監督について、『ラジオ24』のインタビューで
次のようにコメントしている。

「ナポリにおけるマッツァーリのマネジメントは素晴らしいものだった。だが、結婚生活というのは2人でやるものだ。お金で妻を引き留めることはできるかもしれない。だが、その妻が別の男とベッドに行くと決めたら、それはもうそうなるだろう」

「マッツァーリは素晴らしい監督だよ。とても好感の持てる男だ。幸せな4年間だった。だから、彼がナポリでやったように今後もうまく指揮を執られるようにと願っているよ」

ナポリはチェルシーのラファエル・ベニテス監督の招へいに迫っている。だが、デ・ラウレンティス会長は新監督について、このように話した。

「さあ、どうだろうね。(ユルゲン・)クロップか(ユップ・)ハインケスかもしれないよ。私は月曜までロンドンにいる。それからロサンゼルスだ。どうなるか、見てみよう」