インテルは24日、アンドレア・ストラマッチョーニ監督の解任を発表した。クラブはマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)を通じて同監督に解任を通知。同日、ワルテル・マッツァーリ監督が新指揮官に就任すると発表した。マッシモ・モラッティ会長は「私が選んだ」と話している。

インテルの発表によると、マッツァーリ監督との契約は2年間。クラブはストラマッチョーニ監督に対して感謝の意も述べている。モラッティ会長は監督交代について、次のように語った。

「どの解任もうれしくないが、今年の我々は難しい一年を過ごした。それによって変化が必要だったんだ。マッツァーリのように経験ある指揮官が必要だと考えた。いずれにしても、ストラマッチョーニの才能や可能性に対する評価は変わらないし、イタリアで最も優れた指揮官の一人になるとの確信は変わっていない」

「彼は非常に不運でもあった。おそらく、今の彼には、これからインテルが迎える一年よりももっと簡単な状況が必要だろう。インテルにとって簡単じゃない一年になるはずだ。我々は自分たちが優秀であることを示し、運にも恵まれなければいけないからだ」

「慎重にマッツァーリを選んだ。次は補強をどうするか、見ていこう。復活? 今年の我々の出だしは悪くなかった。勝つためのインテルだった。だがそれから、本当にたくさんの災難があったんだ。それでうまくやれなくなってしまった。確実な目標を狙うために再建していきたい」

最後に、インテルを売却するとの噂に関する質問について、モラッティ会長は「ノーだ。冗談はよしてくれ」と答えている。