教師によるいじめ

写真拡大

「レベルが低い」「ダメな人たち」

小学2年生の児童にこんな暴言を吐いていた東京・調布市立小学校の50代女性教師がいた。子どもの異変に気付いた保護者が昨年10月(2012年)、ICレコーダーを子どもに持たせて授業を録音させたところ、教師の暴言の数々が発覚した。

校長は否定…子どもにICレコーダー持たせて発覚

録音は5日間で25時間あり、「なんて人としてのレベルが低い子どもたちだろうと思います」「のろいんだよ、動きが!」「いつもダメな人たちだね、遅くなる人たちだね」「ダメな人生っていい加減にやめようと思いません?」などという罵詈が入っていた。給食を食べるのが遅い児童を「早く食べなさいよ、給食迷惑なんだから。なんで迷惑して平気なの。いつも遅くなって迷惑かけているじゃん」と面罵していた。暴言の多くはまずクラス全体を巻き込んだ後、一人の児童を攻撃するパターンだったという。

調布市教育委員会によると、この教師はキャリア20年というベテランで、周囲からは厳しい指導で厚い信頼が寄せられていたという。東大卒という報道もあるが、2011年4月に現在の小学校に赴任して4年生のクラス担任を受け持った際も暴言が問題になっていた。

昨年4月から2年生に変わったが、子どもの異変に気付いた保護者が校長に相談したが、授業の様子を見た校長は問題ないとして不問にしたため、子どもにICレコーダーを持たせて授業を録音させ、市教委に持ち込んでようやく発覚した。

東京都教育委員会も処分なし「暴言で前例ない」

市教委では教師を担任からはずし、教師の任命権を持つ都教委が調査していたが、暴言による処分は前例がないという理由で「懲戒処分には当たらない」という結論になり、4月から現場復帰することになっていた。しかし、保護者たちの強く反対し、現場復帰を取り消し今年度は研修を受けることで収まった。

キャスターのテリー伊藤「これは教師による児童へのいじめですよ」

東大教授のロバート・キャンベルも「都教委の判断は理解できませんよ。初等教育の現場は『密室』で行われている。ダメな先生を戻したところで、定期的に適正にチェックする機能が全くない」と厳しく指摘する。

この教師は家庭に問題を抱えていたという。家庭でのいざこざによるイライラを児童にぶつけていたというわけだ。