浦和レッズから横浜FCに移籍し、そして今年モンテディオ山形へ加入した堀之内聖。

その堀之内聖がモンテディオ山形で初先発、そしてゴールと大活躍した!
2013-04-22_1650.png
2013-04-22_1648.png
山形救った堀之内弾!連敗ストップ/J2(日刊スポーツ)
 やはりこの男が救世主だった。山形が移籍後初スタメンのMF堀之内聖(33)の今季初ゴールで熊本を破り、連敗を3でストップ。5勝5敗で勝ち点15とし、12位から暫定7位に浮上した。07年に浦和でアジア・チャンピオンズリーグを制し、昨季も横浜FCをプレーオフ進出に導いたチーム最年長は、守備でも球際での強さを発揮。季節外れの雪の中、7戦ぶりの完封勝利に大きく貢献した。

【山形】堀之内、初先発で移籍後初ゴール!V弾も「まぐれです」(スポーツ報知)
3戦無得点が続いた山形は、今季初めてダブルボランチから、ダイヤモンド形の中盤に変更。堀之内は予想されていたセンターバックではなく、ボランチに入り「何とかチームの連敗を止めたい。まずは失点をしないこと」と定評のある守備力も存分に発揮した。
そのいぶし銀の的確なポジショニングをGK常沢が絶賛した。「サイドが攻め上がった時など、1人あえて残ってバランスを取ってくれた。本来自分が仕切らなければいけないところなんですが」。出場停止のMFロメロの穴を埋め、完封を陰で支えた。

動画:第10節 モンテディオ山形vsロアッソ熊本



動画:モンテディオ山形vsロアッソ熊本 時澤選手、堀之内選手 トラメガ



まさにいぶし銀の活躍。これからもピッチで活躍し、いつか生まれ育った街、浦和に帰ってきて欲しいところだ。