今年の秋に行われるU-19アジア選手権とU-16アジア選手権予選の組み合わせっていつ決まるんだろう?って思って昨日から調べてるんですが、わからない。いつもならこれぐらいの時期には決まってるんですがね〜まあ近いうち決まるから別にいいやって早々にリタイヤしました(笑)
そして調べてる途中でAFCの会長選挙が近いこと知ったのでそっちを。今回の選挙はハマム前会長が国際サッカー連盟(FIFA)から倫理規定違反で永久活動停止処分を科されたため、あらためて選挙を行います。AFC会長選挙は5月2日に行われるAFC理事総会で決まります。既に3月に立候補を締め切り、4名が立候補したみたいです。


AFC会長選挙立候補4名 ※人物情報間違っていたらスミマセン、たぶん間違いないですが

Worawi Makudi (タイ)
ウォラウィ・マクディ氏 ・・タイ・サッカー協会会長、FIFA理事 。2018年W杯誘致の際に投票への見返りを求めた人物として名指しされた4人の理事の1人(タイーイングランドの親善試合の放映権料管理を要求したとか)

Hafez Ibrahim Al Medlej(サウジアラビア)
ハフィーズ氏・・AFCマーケティング委員長ということ以外はどんな人かわかりません。

Shaikh Salman bin Ibrahim Al Khalifa (バーレーン)
シェイク・サルマン・ビン・イブラヒム・アル・カリファ氏 ・・・バーレーンサッカー協会会長、2009年のFIFA理事選で当時AFC会長のビン・ハマム氏と激しく争った人物(23票対21票で惜しくも負け)。2009年のFIFA理事選の際は日本はサルマン氏を支持。

Yousuf Al Serkal (UAE)
ユースフ・アル・セルカル氏 ・・・ UAEサッカー協会会長、現AFC副会長、あとAFC審判委員長も歴任(審判委員長もまだやってるかもですが)。元AFC会長のビン・ハマム氏の盟友らしい。



西アジアから3名、東南アジアから1名

今回のAFC会長選挙は本命と見られた中国の張吉龍AFC会長代行が直前になって出馬しなかったみたいで、誰になるんでしょうねって感じです。日本は中国の張吉龍さんを支持していたみたいだけど、でなくなったのでどうするんでしょうね。

もっとも投票方式とかすら全然わかんないんですが・・AFCからFIFAの理事を選出するときは各サッカー協会46連盟が参加するんですが、それと同じなんでしょうか?まあどのみち日本はAFCの理事のポストは持ってるので、間違いなく1票入れれると思うのですが誰に入れるんだろう・・FIFA理事選の時はハマムさん降ろしという背景もあってサルマンさんに投票していたから熱烈な支持者って感じでもないような気が。

なんとなく西アジア勢は嫌だけど勝ち馬に乗れないのも嫌でしょうしねぇ西アジア勢はセルカルさんが立候補した時に立候補者を立てようとしたバーレーンやサウジから支援を求めていたけど、結局バーレーンやサウジから立候補者でてるからこのへんは一枚岩ではなさそうだし、ようわかりません(笑)まあこれから事前情報とかいろいろ出てくるのかな〜って思ってるので、ちょっとばかし注目しておきたいですね。