シャングリ・ラ ホテル 東京「ザ・ロビーラウンジ」にて本場の 『プディング アフタヌーンティー』を期間限定で提供

ザ・ロビーラウンジ内観.jpgShangri-La Hotel Tokyo(シャングリ・ラ ホテル 東京)は、2013年4月26日(金)から5月6日(月)まで、ラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」にて、イギリスの伝統菓子プディングを一口サイズで4種類楽しめる期間限定のアフタヌーンティー『プディング アフタヌーンティー』(一人3900円/サービス料別途)を、英国プディング・クラブ協賛、英国政府観光庁後援にて提供します。


(写真は、『プディング アフタヌーンティー』が提供されるラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」のイメージ)
 プディングはもともと、小麦粉、米、ラード、肉、卵、牛乳、バター、果物などの材料を混ぜて、砂糖、塩などの調味料や香辛料で味付けし、煮たり蒸したり焼いたりして固めたイギリス料理の総称でした。後にゼラチンやコーンスターチで固めるタイプの料理もその形状からプディングと呼ばれるようになりました。子供の頃、お母さんが作ってくれた熱々のブレッド&バタープディング、学校の寮の食堂で食べた甘いスティッキートフィープディング、夏の野外オペラで出されるベリーをたっぷり使った甘酸っぱいサマープディング、そして家族全員が集まるクリスマスの食卓になくてはならないクリスマス・プディングなどイギリスの暮らしのなかに必ずあるのがプディングです。

今回は、今年創立28年目を迎える英国のプディング好きのソサエティ「プディング・クラブ」の来日を記念し、ザ・ロビーラウンジにて『プディング アフタヌーンティー』を提供いたします。『プディング・クラブ』はハチミツ色の家々が並ぶ、イギリスでもっとも美しいと言われるコッツウォルズに本拠を置き、毎週、最高70名が参加するほどのプディングの食べ比べイベントを開催しています。
『プディング アフタヌーンティー』では、スイーツ、スコーン、サンドウィッチの3段スタンドのうち、スイーツをすべて一口サイズのプディングにし、4種類のフレーバーを楽しめます。オレンジ、ショコラ、ジンジャーの3種類は冷製で、そして4種類目は4月26日(金)から30(火)はルバーブを、5月1日(水)から6日(月)はチェリーを温製で提供します。どのフレーバーも伝統的な作り方に、エグゼクティブ ペストリーシェフ、岡村直也のオリジナリティを加え、濃厚かつ芳醇な味が口に広がります。ティーアドバイザーが厳選した、紅茶のセレクションとともに楽しめます。新しくなった東京駅や東京の新名所、東京スカイツリー(R)を見渡すことができる解放感あふれるラウンジで、春の暖かい日差しに包まれながら、贅沢でゆったりとした午後のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ティーイメージ.jpg

 スイーツ、スコーン、サンドウィッチの3段スタンドのうち、
スイーツをすべて一口サイズのプディングにし、4種類のフレーバーを楽しめます。

 

【『プディング アフタヌーンティー』概要】
 
■場所:シャングリ・ラ ホテル 東京 ザ・ロビーラウンジ
   東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館28F
■期間:2013年4月26日(金)〜5月6日(月)
■価格:一人3900円(サービス料別)
■メニュー:一口プディング〔オレンジ、ショコラ、ジンジャー、
              ルバーブ(4/26〜4/30)、チェリー(5/1〜5/6)〕
      スコーン、サンドウィッチ、紅茶
 
 
 【問】ザ・ロビーラウンジ03-6739-7877           

■関連記事
コンラッド東京でヒルトン・ワールドワイド 日本進出50周年記念した宿泊プランが登場!
今、話題の4人によるラウンジカフェ『1967』が六本木にオープン!
ニコール・キッドマンが オメガの『レディマティック コレクション』発表会に登場