はじめに

 久しぶりにデータ分析に戻りたいと思います。今回はMLBのデータより,リリーフ投手が年間どれくらいの試合に登板しているのか,そしてそのペースがどれくらいの期間継続しているのかを見ていきたいと思います。

 日本のプロ野球とアメリカのメジャーリーグでは試合数が異なるので,そのまま参考になるとは思えませんが,全試合に対して何試合登板したのかという程度については,日本でも参考にできるところがあるかもしれません。

分析データ

 分析対象者は,2002年から2012年までのMLBにて年間10試合以上かつ10イニング以上の登板記録のある3360名が対象です。データは,FANGRAPHSのデータを参照しています。

リリーフ投手の勤続年数

まずはリリーフ投手がどれくらいの年数働いているのかを調べたいと思います。というわけで,各選手の成績が何年分あるかをまとめたデータが以下の表1になります。

表1

 ほとんどの選手が3年ほどで消えてしまっているのがわかります。このデータを基準に,リリーフ投手はこれくらいの期間働いているものだと思っていただければと思います。

年間登板試合数の多い投手の登板記録

 それでは,年間の登板試合数が85試合,これは全試合の半分以上でこの条件を満たす投手はごく少ないのですが,彼らが2002年から2012年までの11年間でどれくらいの試合に登板したかをまとめてみました。以下の表2にデータを示します。

表2


 長く活躍した投手もいれば期間の短い投手もいますが,登板試合数を見ると,年間80試合を超えるペースでの登板は最長で3年連続程度といったデータとなっています。以前NPBのデータを分析した際には,3年連続で70試合以上登板した投手はいないという結果が得られましたが,MLBの年間試合数が160試合強,NPBが140試合強という性質を考慮すると,

年間の試合数の半分を超えるペースでの登板は2〜3年が限界ではないか?

 というひとつの仮説に至ります。このあたりは,登板間隔を調べていけばNPBとMLBでの比較が可能になると思うので,今後はそのあたりにも注目したいと思います。


息の長い投手の登板記録

 次は,10年以上の登板記録がある息の長い投手の登板記録を見ていきたいと思います。競争の激しい世界において長年活躍するということはそれだけで賞賛に値することだと思います。もちろん本人の努力は不可欠ですが,彼らがどんなスケジュールで投げているのかも注目に値する情報だと思います。まずは,11年分の記録のある投手のデータを以下の表3-1に示します。

表3-1


 続いて,10年分の記録のある投手のデータを以下の表3-2に示します。

表3-2


 年間80試合を超えるような登板はごくわずかで,年間60〜70試合の登板が多くなっています。長く活躍するためにはこのくらいの登板試合数に抑えておく必要があるのではないかと思います。

おわりに

 以上,簡単ですがMLBのリリーフ投手の登板試合数をまとめてみました。年間80試合を超える登板では長期間にわたる活躍を期待するのは難しく,年間60〜70試合程度に抑えることが長く活躍する秘訣といえるかもしれません。

 次回は,ここからもう一歩踏み込んで,投手の登板間隔に注目してデータを整理してみたいと思います。

 それでは,今日はこのあたりで失礼します。

引用データ

 ・FANGRAPHS