22日、モデルで女優のリン・チーリンが中国・天津市で、高級時計ブランド「LONGINES」のPRイベントに登場した。

写真拡大

2013年3月22日、モデルで女優のリン・チーリン(林志玲)が中国・天津市で、高級時計ブランド「LONGINES」のPRイベントに登場した。網易娯楽網が伝えた。

【その他の写真】

長年にわたって、「LONGINES」のイメージキャラクターを務めるチーリンが22日、天津市で行われたPRイベントに登場。春とはいえ、北方に位置する天津市はまだまだ寒さが身にしみるこの季節。それでもチーリンは、薄い素材のワンピース1枚だけで野外ステージに登場し、春らしく華やかな笑顔を見せていた。

最新の主演映画「101次求婚」(101回目のプロポーズ)は、先月中国で封切られ、この日は台湾でも公開スタート。コメディ色の強いラブロマンスに挑戦したチーリンだが、この作品に出合ったことで、もっとコメディを演じたいという欲望がかき立てられたという。

相手役を演じたホアン・ボー(黄渤)は、中国映画界で最も数字が稼げる俳優として、絶大な人気を誇る。シリアスからコメディまで演じる器用な役者だ。チーリンに生まれたコメディ願望は、ホアン・ボーとの共演経験が大きな刺激になったもの。エレガントで美しい、といったような世間の認識をぶち壊すような役を演じたいという。

とは言え、どうしても挑戦できないのが乗馬シーンのある作品。チーリンは05年、大連市でテレビ撮影中に落馬し、肋骨6本を折るなどの重傷を負っている。これが大きなトラウマになり、「思い出しただけで心臓がバクバクする」ほどだという。(翻訳・編集/Mathilda)